大きな挫折は死ぬほど辛いが自分を変えられる話し【失敗の連続から立て直す方法4】

こんにちは、私がパファです。

 

 

 

突然ですが、人生の底だと思えれる経験をしたことありますか。

何も悪い事をしていないのに、なぜこれほど苦しい思いをしなければならないのか。

 

私は会社を倒産させて地獄を味わいました。

1番苦しかったのは、苦しい状況がいつ終わるか分からない事でした。

もう2度と経験したくありませんが、そのお陰で私は随分変わりました。

私の体験を元にお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えします。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

そして日本の企業が技術でまた世界一と言われる日を目指すブログです。

 

f:id:pafa:20200131074630j:plain

 

挫折が人を変えられる理由

 冒頭にもお伝えしましたが、私は倒産させて本当に苦しみ抜きました。

簡単に苦しんだ出来事を書くと、

・両親のお金を使い果たした。

・親父からは罵倒、もしくは無視された。

・母親は夜中に道路で泣いていた。

・妻の実家からもお金を借りた。

・妻の預貯金も使い果たした。

・一緒に会社を始めた人から暴言と暴力を受けた。

・融資を受けた銀行の担当者から、きつく対応された。

・取引先の会社で、従業員が見ている中社長に土下座した。

・土下座した会社は3社。

・友達からの信用も奪ってしまい、昔からの友達はいなくなった。

・同級会や同窓会、誘われなくなった。

・自宅が老朽化しても何も出来ず、食べる物もままならなかった。

・月末までに数十万円~百数十万円毎月用立てしていた。

これらは苦しくなり始めてから3年で上記を全て経験した。

 

パッと思いつくだけでもそれらを経験しました。

先が見えない地獄にいると、もう人間を辞めたくなりました。

しかし今まだ生きています。

 

 

人が能力を広げていくのには順番があります。

・知識で学ぶ

・体験する

・失敗する

・失敗を繰り返す

・ヒントを掴む

・達成する

・自分のやり方を見つける。

つまり守破離ですね。

 

人は失敗が大きく逃げられず苦しいほど、早く楽になりたいから藻掻きます。

なりふり構わず藻掻いて、足掻いて、暴れるからその中に達成に通じる道があるんです。

 

中途半端な失敗は、落ち込んで終わり。

そうではなく背水の陣で前に進むしかない状況に自分が置かれていると、そういう行動に必ずなります。

 

その時は我武者羅なのでノウハウも何もあったものではないですが、後から考えると自分が通って来た道は自信につながります。

 

 

困難は達成出来ないから困難

1度も成功した事のない困難の事へ挑むから、苦しいんです。

もし困難を達成して楽になったら、その行動からは成長はありません。

あっても微々たるものです。

 

私は倒産をしたくてしたわけではありません。

準備も努力も思考も足りなくて倒産させてしまった。

いつの間にか逃げられない困難な状況に落ちていました。

 

だから予兆も無ければ身構える事も出来なかった。

いきなり気付けばどん底です。

 

人は困難を目の前にすると臆してしまい、避けようとします。

ですがいきなり谷底へ落ちると、這い上がるしか無い。

 

 

何を言いたいのか。

困難が来ると怖気づくので、困難に目を瞑って飛び込むのも手段の1つという事を伝えたい。

大体は逃げます。だから困難に合わないから成長しない。

もう困難に飛び込んでしまうんです。

 

例えば飛び込み営業もそうですよね。

今の時代では効率の悪い営業方法ですが、それでも飛び込み営業している人はいます。

私の自宅へも飛び込み営業に来る人がいます。

 

営業する側からしたら怖いですよね。

もしかしたらその家が反社会的な人が住んでいるかもしれない。

寝ていて起こしてしまい、怒られるかもしれない。

色々想像してしまうと、行動出来なくなる。

 

だから想像する前に飛び込んでしまうんです。

もうどうにもならない状況に自分を置いてしまう。

すると自分も知らない行動をするかもしれない、未知な自分がある。

 

苦しい状況ほど新しい自分を見つけられるチャンスです。

 

 

 


すぐ手に入らないから価値がある

 現代は何でもすぐに手に入る時代です。

無い物を探すほうが難しいかもしれない。

だから若い人で欲が薄くなっている理由もある。

 

手に入らないから欲しくなるし、欲求が湧くんです。

例えばゲームでレアな物があれば、簡単に手に入らないからお金をかけてでも欲しくなる。

 

私は大腸に穴が開いて入院し、食事を見直しました。

身体に良くないから、食べない物を決めた中にカップラーメンがあります。

だから私にとってはカップラーメンは簡単に食べられないレアな物になってしまった。身体にあまり良くないのに。笑

 

 

簡単に手に入らないモノの中に経験しないと手に入れられないモノがあります。

成功と失敗です。

 

成功も失敗も経験しないと手に入らないからレアなんです。

一般的には失敗はダメだと言われています。

しかし挑戦する勇気はレアなんです。

多くの人は挑戦すらしませんから。

 

だからあなたに手にして欲しいのは挑戦する勇気です。

成功か失敗かは割とどっちでもいい。

成功したいなら、何度も挑戦したらいいだけです。

そのうちノウハウを身につけて成功に近づくから。

 

それ以上に挑戦する勇気の方がはるかにレアです。

経験した事のない行動はまず間違いなく失敗します。それでも行動する勇気がある人だけに価値があるんです。

 

そうです。勇気持って行動出来る人は価値があるんです。

結果だけではなく、人にも価値はあるんです。

 

 

 

逃げなければ必ず変われる

結論です。

逃げると年だけを重ねますが、困難に向き合う行動力を得られると年相応に頼られる人になれます。

そして解決出来る人に成長し、昇進も出来る可能性が上がります。

 

 人は想像すると悪い方にイメージを膨らませます。

もし困難な事があるとして、行動するまでに時間が開いていると悪いイメージが先行します。

 

だから困難な事に立ち向かう場合、対策を立てたら可能な限り考えずに行動するのが望ましいです。

例えば格闘技の試合に出場するとします。

普通であれば相手から滅多打ちにされるイメージが先行し、不安が強くなり押しつぶされそうになります。

そうではなく毎日苦しく厳しい練習を重ねて、日々の苦しんだ練習を思い返せば良いんです。 

 

言葉では簡単に伝えられますが、実際は簡単に切り替えられないでしょう。

ですがそれも訓練です。

私も不安に押しつぶされそうになったら、これまで努力した日々を思い返しています。

波はありますが、悪いイメージに押しつぶされるより遥かに自信が湧いてきます。

 

あなたも困難にぶつからなければならないのなら、日々の努力を思い出しましょう。

もし日々努力してなければ、そもそも話しになりませんけどね。

だから普段どれだけ一生懸命努力しているかで、困難にぶつかった際の気持ちの持ち方に影響されます。

 

普段を努力出来ない人に困難を乗り越えられる勇気は起きません。

 

 

関連ブログです。

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。