40代男性の1日1食ダイエット生活が半年経過した。今の状況と今後。

こんにちは、私がパファです。

 

 

 

今日は1日1食生活の年末年始編をお送りします。

ゆるい内容です。

 

40代で1食生活を考えている人や、大腸憩室炎で体重を落とそうと思っている方向けです。

 

 

 

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えする教育ブログです。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

 

f:id:pafa:20200105174153j:plain

 

クリスマスから年末年始

結論です。

体重は一度増えて、最近やっと減って現状維持でした。

 

私のスペックは179センチ、84キロ。1食は晩ごはんだけ。

ダイエット開始当初は87キロでした。

 

1食なのにこんなに体重がある理由は、仕事で取引先やうちの会社の社長とランチに行く機会が多いから。

 

お世話になっていることもあって断われず、できるだけ炭水化物と油物は食べないようにしていました。

しかし社長や取引先の方との食事なので、どうしても食べないわけに行かなかった。

それが敗因でした。

 

その代わり晩ごはんは質素で、クリスマスも年末年始もけっこう貧素な晩ごはんでした。

理由は忙しくて晩ごはんを作る体力も元気もなかったから。

いやー食事が質素なのは良いんですが、休みがほしかった。そういうストレスもあって減らなかったような気もします。

ランチを食べましたが、そんな多い量は食べませんでしたから。

 

なんとなくストレスが増えた1番の理由な気がします。

でも結局自分のせいか。(泣)

 

 

新年も落ち着いて、周囲も普段の仕事に戻ってきたので、これからまた本腰いれてダイエットしていきます。

 

さらに2ヶ月前から筋トレも始めたんですが、最近週に2回とかで1回につき20分くらいとかです。

だからほとんど効果がない。

反省点ばかりだ!

 

 

 

半年を振り返って

1食ダイエットを始めた当初は大変でした。

1食に慣れるのに1ヶ月近く時間がかかった記憶があります。

 

半年継続して辛かった点

・慣れるまでお腹が減って辛い

・部下にダイエットをしていると言って笑われた

・ダイエットにそれほど効果を出せなくて部下に笑われた

・仕事が不規則なので自分のペースでダイエットが出来ない

・1食は慣れるけどダイエットをしているというのが気になってストレスになった

・月1回身体の写真を撮ってるけど、変化なくて落ち込む

・ランチを食べないから、夕食の量が増えた(ような気がする)

・始めてから約3キロしか減っていない

・晩ごはんを食べると胃が重い

 

半年継続して良かった点

・集中力が付いた

・ダイエット、または1食をすることで自虐ネタの話題が増えた

・ランチを買いに行く時間が無くなったから、時間が増えた

・ランチ代を使わなくていいから、お金が多少減らなくなった

・このブログにダイエットネタを書けるようになった。

・始めてから約3キロ減った

・胃が軽くなって体調が良くなる

・トイレ(便)の回数が減ったから、水道代と紙代が減った

 

人によってメリットとデメリットは違うかもしれない。

でも私は40代以上の方には1食生活をお勧めします。

今の1番のオススメ理由は、体調が良くなるからです。

 

デトックス

よく分かりませんが、胃腸が休まるととても体調が良く感じられます。

だから晩酌がうまい!

結局お酒を美味しく飲むためな気もしますが。笑

 

 

 


今年の目標

今年は80キロを切るのが目標です。

できれば夏までには切るために計画を立てていきます。

 

しかし。んー。

時間の使い方を見直さないと、仕事してブログやってこれから電子書籍を発行する予定で、さらに筋トレとダイエット。

 

あれもこれもやると結局時間が無くなって、身体に負荷をかけてしまい3度目の大腸憩室炎になって入院になったら元も子もない。

だから時間を削る所から始めます。

 

40代になってつくづく思いました。

新陳代謝が減って30代の頃と同じように体を動かしても、まったく体重減らない。

少しくらい食事の量を減らしても、それでも減らない。

太ったら服を買い換えないとならないし、棺桶に入らなからやっぱ痩せる努力をします。

 

40代以上の方。一緒にダイエット頑張りましょう。

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。