時間が無い人ほどスキマ時間を使うのが上手い。時間のある人ほど忙しい理由

こんにちは、私がパファです。

 

 

 

部下1人の時間の使い方が上手いと思ったので、スキマ時間を使い方をお伝えします。

仕事を早く終わらせられる人は、スキマ時間にも仕事を入れる。

今日このブログを読んで頂けたら、スキマ時間の使い方を学んで頂けます。

空いた時間で副業なり、勉強なりして自分を高めましょう。

 

 

 

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えする教育ブログです。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

 

 

 

休憩時間以外は全て仕事を入れれる人ほど時間の使い方の能力が高い

f:id:pafa:20191228081809j:plain

 

1日を振り返ってみて仕事がまだ終わっていないのに、ちょっとした2~3分程度の時間を持て余している人。

1日に何回その余った2~3分の時間があるか計算したことありますか。 

何気に合計すると馬鹿にできない時間になります。

それを毎日捨てているんです。それで忙しいと嘆いても、能力が低いとしか見られません。

 

上手に時間を活用して、仕事はさっさと終わらせちゃいましょう。

 

 

スキマ時間の1日の合計

私は中小企業で社長代理をしています。

部下の管理職や社員から日々何度も相談や報告を受けています。

だから数え切れないほど何度も手を止められます。

社内でも間違いなく1番多いでしょう。なぜなら、私への相談で列ができますから。苦笑

 

そんな私のざっくりとしたある1日のスケジュールを見ながらスキマ時間について説明します。

 

・7時 出勤

この時間が1番誰にも邪魔されずに快適に仕事ができる。

 

・8時30分 朝礼

今は部下に朝礼をやらせているため、私だけ朝礼を聞きながら別の仕事もする。

 

・9時 取引先へ電話やメール返信、郵送物確認

朝礼が終わった後、管理職や社員から相談を受ける。それらを全て含めて45分以内で終わらせる。

 

・10時 社長と会議

9:45頃から社長と会議するための資料をまとめる。7時に出勤した際に資料まとめを終わらせていたら、別の仕事を終らせる。

 

・11時 取引先と電話

電話も日によって偏りがあるので、少ない日は別の仕事を入れる。

 

・12時 午後から取引先を回るために外出

(現在1日1食ダイエット中なんで、昼食は無し。移動時間に使用)

車内へも外出先で終わらせられる仕事を持ち出し、16時に戻るまで面倒な仕事を終わらせる。

 

・16時 帰社

大抵現場社員からの問題報告を受けながら指示し、現場の日報を確認する。

 

・17時 やっと自分の仕事を行う。

1日のうち、まとまった時間は19時頃までのこの時間しかない。その後19時頃退社。

 

・20時 帰宅

ブログ作成

 

・20時30分

食事

 

・21時過ぎ

ブログ作成

 

このように会社で1日しっかりと時間取れるのは17時から19時ころまで。

あとは合間合間に仕事を終わらせていかないと、帰宅時間がもっと遅くなる。

 

ポイントは例え10分後に外出の予定があっても机周辺を掃除しますし、1分あったら資料作りをします。

1分を大切に出来るかどうかが、1日の仕事量を大きく左右します。

 

以前スキマ時間を計算したことがあります。

全て足すと1時間近くになりました。

スキマ時間を使えない人は、毎日1時間捨てています。それにも給料が支払われているのに。

 

 

 


時間の使い方が下手な人の1日

1番残念なのが、まとまった時間が無いと行動出来ない人。

 

例えば1日の予定で大きな仕事の予定が5つあるとします。

5つ全て時間を設けないと進めることが出来ない人が、最も時間の使い方が下手な人です。

 

例えば5つの仕事がそれぞれ分かりやすく各1時間かかる仕事だとします。

だとすると5時間プラス1時間のスキマ時間があります。

さらに昼の休憩1時間を足すとそれだけで7時間です。

 

もし5つのうち1つを細分化して、スキマ時間の1時間で終わらせられるとします。

すると4時間プラス昼の休憩1時間の5時間で仕事が終わるんです。

時間の使い方が下手な人が7時間かかるのに、5時間で終わる。

 

昼の休憩含めて9時間の就業時間だとしたらまだ4時間も残っています。

するともっと多くの仕事ができますし、明日の仕事を先取りしていくつか終わらせられる。

むしろ4時間サボることも出来る。

 

仕事なんて作業に変えて、さっさと終わらせるのが望ましい仕事力です。

だらだらやっていても溜まっていくだけで、モチベーションも下がっていきます。

 

 

 

時間の使い方が上手な人の1日

この章の結論は、予定の仕事が終わるまで暇な時間が無い人です。

1分足りともです。

1分の時間があるからと、作業に取り掛かれる人は「気持ちを切り替えられる人」です。

 

多くの人は「たった1分」だと思うでしょう。

すると気持ちは切り替わりません。

 

「1分もある」と思えるかどうかなんです。

1分もあると思えると行動に移せます。

私は1日中そうやって仕事を詰め込まないと、19時で仕事が終わる量ではない。

 

帰宅してからブログの作成があるから、19時帰宅は絶対なんです。

そのために朝1日のやるべき仕事を並べて、分解できない仕事は時間が取れる時に回す。

それ以外の分解できる仕事は、できるだけ細分化して「1分」あれば取り組みます。

 

スキマ時間を使うためにやるべき事は、仕事を細分化しておくこと。

1分あったら、考えずに行動すること。

やるかやらないか考えていたら、1分なんてすぐ過ぎます。

考えないで行動すると決めておくこと。

そして休憩時間も必ず入れておくのが重要です。

 

ずっと頭をフル回転させていたら、後半バテます。

適度に休憩を入れて脳を休ませましょう。もちろん身体もほぐすがベストです。

 

 

これは仕事だけでなく、プライベートでも同様です。

私の休日は出来るだけどこにも出掛けたくないので、平日にプライベートの面倒な事も終わらせています。

 

スキマ時間とは、時間をどううまく使うかなんです。

「明日にしよう」とか、「忙しくて」なんて言い訳は通じません。自分で時間の使い方が下手ですって公表しているようなもんです。

  

今日から時間をうまく活用して、のんびり出来る時間を増やしましょう。

 

 

 

関連ブログです。

 

 たった5分で成長のきっかけをつかめます。1分を大切にできる人は5分は長いと思える。

pafa.hatenablog.com

 

 面倒だから時間がかかっても1回で終わらせる。それが1番効率のいい仕事。

pafa.hatenablog.com

 

 どうしても時間がかかるモノのある。育つのを楽しみながら時間をかけよう。

pafa.hatenablog.com

 

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。