管理職の妻や彼女は誰にも評価されず給料もなく大変。全国の管理職の奥さんや彼女へ感謝します

こんにちは、パファです。

 

 

私が所属する会社は地方の中小企業で、私は管理職をしています。

仕事という大義名分で妻にはいつも負担ばかりかけて、頭が上がりません。

妻が家で頑張ってくれるから、私は働きに行くことが出来る。

 

多くの奥さん方は大変さを夫に言わないと思います。ただ耐えて苦しんで生活されているでしょう。

そんな休み無くがんばってくれている、管理職の奥さんや彼女へお伝えします。

 

 

 

目次

①管理職の人が家に持ち帰る多くの不要なモノ。

②現代は管理職でも低い給料。

③報われない妻の行動へ感謝。

説明していきます。

 

 

このブログは私が大学の心理科で学んだことや、起業してその失敗、現在勤めている会社の責任者として経験等、実体験を元に記載しています。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

管理職の方。奥さんを労っていますか?辛いのは奥さんも一緒ですよ

f:id:pafa:20191101093912j:plain

男は外に出てストレスも溜めるけど、発散もできる。

だけど奥さんの家事や子育ては、基本的に自宅で閉鎖的。ストレスの発散できる機会が外よりも少ない。

 

だからこそ管理職にもなれる程の人であれば、妻や彼女を労って大切にしましょう。

「妻を大切にするのは当たり前だよ。こんなブログ見る価値もない」って思ってくれる人が多い事を望んでいます。

※でも読んでくれたら嬉しいなー。

 

 

①管理職の人が家に持ち帰る多くの不要なモノ。

管理職の奥さんであれば共感してもらえる部分が多いかと思います。

 

管理職の旦那さんが家に持ち帰る不要なモノたちを簡単に言うと。

・ネガティブな言動

・病になるほどのストレス

・365日、昼夜も問わない突然鳴る電話

・定時時間の無い勤務形態で、帰宅時間が分からない

・いつ出勤になるか分からない休日

等です。

少なくとも私はそうです。

 

 管理職までになると、責任が重くのしかかります。ミスは許されない。

それでも部署(チーム)として完璧なんてないから、必ずミスや失敗は起こります。

すると社長に怒鳴られたり、幹部会議で叱責されたり、下手したら責任を負えと追い詰められるかもしれません。さらに他部署の管理職から足を引っ張られたり。

 

要は精神的に日々追い詰められます。

その重ーい空気を自宅に持って帰る事になります。

 

また部署で何かあると、判断を求められるために曜日も昼夜も問わず連絡が来る。

電話が来るとため息が出て表情が曇り、終わったら愚痴が始まる。

 

そんな常にストレスに晒されている管理職の隣で、奥さんたちも相当なストレスだと思います。

特に自分でどうにもできない事ってストレスしかないですよね。

旦那さんの事だから奥さんは解決が出来ない。だから愚痴を聞くことしかできない。

 

そして毎日の帰宅も、どういう感情で旦那さんが帰ってくるか分からない。

もちろん自分自身の家事や育児のストレスもある。

 

私だと会社のストレスのほうがまだマシだと思えます。

 

 


②現代は管理職でも低い給料。

大企業であれば役職が高くなるほど給料は良いと思います。

 

しかし地方の中小企業であれば、それほど高い給料ではないと思います。

私はそれほど高くありません。だから子供はいませんが、妻はパートに出ています。

家事は給料が出ないから。

 

自分で使えるお金は無いからパートに出たり、内職等をしなければ遊びにも行けない。

すると旦那へのストレス、家事や育児でのストレス、パートでのストレスと増える。

 

旦那は給料という分かりやすい評価と対価があります。しかし家事には評価も対価もない。

 

それがどれほど辛い事か。

 

会社では昇進したり、資格をとったりするとお金が増える可能性がある。だからモチベーションを保てる。

家事を毎日続けても評価はされずに、どうやってモチベーションを上げろというのか。

私では無理です。もしかしたらキレると思う。キレる自信がある。

 

 

③報われない妻の行動へ感謝。

主婦という職業はブラック企業になりやすいと個人的には思っています。

子供がいると24時間面倒見なきゃならないし、育児も家事も教えてくれる人はいないから、自分で学ばないとならない。正解は見えないし、旦那が不満を言ってくる場合もある。何より給料がない。

 

逃げ場がないからすべて1人で解決していかなきゃならない。

繰り返しますが、夫の方が外でストレス発散できる機会は多いと私は思います。

 

管理職の方なら分かるでしょう。あなたも職場で相談出来る相手はいませんよね。腹を割って話し合える人なんていないと思います。

相談したり、本音で愚痴を言い合える人がいない状況は辛いですよね。

 

それが奥さんの現状です。

 

だからお金を渡せとは言いませんが、せめて労いの言葉をかけたり、たまに美味しい物を一緒に食べに行ったり、誕生日にはプレゼントしたりしてもいいのではないかという提案です。

 

私は妻がパートで休みの時は、家事も休んでと伝えています。

それでも休まずに一生懸命家事やってくれます。だからせめて美味しいものを一緒に食べたいと思っています。

もっと金銭で裕福になれたら、妻には働かずに自分の時間を過ごしてほしいことが目標です。

 そのためにも、もっと私が努力しようという考えです。

 

私と一緒に、あなたも一生懸命働いてくれている奥さんを大切にしましょう。

 

 

関連ブログです。

 家族がいるから頑張って働ける。だから管理職は家族へ還元するのが当たり前です。

pafa.hatenablog.com

 

 私が起こした会社を、倒産させた時の妻との話しです。

pafa.hatenablog.com

 

 自宅でも会社でも居場所は自分で作る話しです。妻に楽しく生活してもらうために。

pafa.hatenablog.com

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。