法学入門 参考文献 伊藤真の法学入門

僕の司法試験に向けての勉強記録です。

参考文献は「伊藤真の法学入門(日本評論者)」

※それぞれリンク先で解説します(まだ未完成です)。

目次

はじめに

第1編 法を学ぶ意義

第1章 法とは何か

Ⅰ 「法則」とは

Ⅱ 「規則」とは

Ⅲ 法を学ぶ心構え

第2章 法と規範

Ⅰ 権力と権威

Ⅱ 法と規範との関係

Ⅲ 法の特質

Ⅳ 強制と道徳

Ⅴ 法と道徳の関係

Ⅵ 義務を課す規範と権能を与える規範

第3章 法規範の特質と機能

Ⅰ 行為規範、裁判規範、組織規範

Ⅱ 法の機能

① なぜ法が必要なのか

② 社会統制機能

③ 活動促進機能

④ 紛争解決機能

第4章 日本における法の歴史と法意識

Ⅰ 幕末まで

Ⅱ 明治期

Ⅲ 第二次大戦後

Ⅳ 大陸法と英米法

Ⅴ 日本人の法意識

Ⅵ 司法制度改革意見書

第5章 法の学び方

Ⅰ 法解釈と価値判断

① 法を学ぶとは?

② 布川事件

③ 法の解釈

⑴ 価値判断

⑵ 条文の重要性

⑶ 法の解釈

⑷ 解釈の多様性

コラム ドイツの「航空安全法」

コラム 新たな制度としての「被疑者国選弁護制度」

Ⅱ 法を学ぶ事の意義

① 事実と論理と言葉によって説得する大切さ

⑴ 民間企業における説得の場面で考えると

⑵ 政治の世界での説得の場面で考えると

② 結論にいたるプロセスの重要性と価値判断

⑴ 市場原理と価値判断について

⑵ 憲法の人権の原理と価値判断について

③ 世界共通の思考方法としての法を学ぶ意味

Ⅲ リーガルマインド(法的思考)について

① ルールを事実に当てはめて解決する力

② 様々な価値の中で優先順位をつけて判断する力

③ 意見と事実を区別する力

④ 両当事者の言い分を聞いてから判断する

⑤ 物事を複眼的に見る力

第2編 憲法と法

第1章 最高法規としての憲法と法の段階的構造

第2章 2つの基本原理

Ⅰ 国民主権の意味

Ⅱ 立憲主義とは

第3章 憲法はなぜ必要なのか

Ⅰ 憲法の究極の価値

Ⅱ 最高法規とは

Ⅲ 民主主義と少数者の人権

Ⅳ 憲法を変える事が出来るということの意味


第3編 正義と法の安定

第1章 法と正義

Ⅰ 正義と法的安定

① 法的安定

② 正義

③ 法の目的論の実益

Ⅱ 性議論の特質

Ⅲ 正義の概念

① 配分的正義

② 矯性的正義

③ 手続的正義

第2章 法的安定性

Ⅰ 法的安定性とは

Ⅱ 法の明解性

Ⅲ 罪刑法的主義と法的安定

Ⅳ 法の解釈と法的安定性

Ⅴ 現実と法的安定性

① 法定速度と現実

② 犯罪被害者への法的配慮と現実

③ 憲法と現実

⑴ 被害者・被告人の人権

⑵ 平和主義

Ⅵ まとめ


第4編 法の体系、目的と解釈

第1章 法の体系、法の種類

Ⅰ 成文法と不文法

① 法源

② 成文法

⑴ 法の段階的構造

⑵ 一般法と特別法

⑶ 前法と後法

③ 不文法

⑴ 慣習法

⑵ 判例

⑶ 条理

Ⅱ 公法と私法

Ⅲ 実体法と手続法

Ⅳ 刑事法と民事法

① 刑事法

② 民事法

Ⅴ 国内法と国外法

第2章 法の目的と価値基準

Ⅰ 法の目的と価値基準

Ⅱ 法の価値基準①

① 憲法

⑴ 個人の尊重

⑵ 人権保障と公共の福祉

② 民法

⑴ 私的自治の原則

⑵ 静的安全と動的安全

③ 刑法

⑴ 罪形法定主義

⑵ 法益保護機能と人権保障機能

④ 商法

⑤ 民事訴訟法

⑥ 刑事訴訟法

Ⅲ 法の価値基準②

① 行政法

② 労働法

③ 消費者法

④ その他

第3章 法の解釈と基準

Ⅰ 裁判と法

① 法による裁判の原則

② 法の解釈

③ 法的三段論法

④ 概念法学・自由法学

⑤ 裁判官の思考過程と価値判断

Ⅱ 法解釈の基準と技法

① 法解釈の基準

② 法解釈の技法

⑴ 文理解釈

⑵ 論理解釈

⑶ 拡張解釈

⑷ 縮小解釈

⑸ 反対解釈

⑹ 勿論解釈

⑺ 類推解釈

第4章 日本裁判員制度と判例

Ⅰ 日本の裁判制度

① 裁判とは

② 裁判の種類

⑴ 行政裁判(訴訟)

⑵ 家事裁判

⑶ 少年裁判

③ 判決の種類

④ 三審制と裁判の種類

⑴ 三審制

⑵ 最高裁判所

⑶ 下級裁判所

Ⅱ 判例

① 判例とは

② 判例の法源性

③ 主論と傍論

④ 判例を学ぶ意義

⑴ 法の具体的内容を知るため

⑵ 条文が何を定めているかを具体的にイメージするため

⑶ 複数の法制度の相互関係を理解するため

⑷ 思考をトレーニングし、議論を触発するため

コラム 判例素材、教科書検定

⑤ 判例学習の素材

⑥ 判例学習の着眼点

⑴ 事実関係

⑵ 争点(論点)

⑶ 結論

コラム 最高裁判所の意見

⑦ あるべき社会への提言(政策形成機能)

⑴ ハンセン病国賠訴訟

⑵ 男女間損害賠償額格差訴訟


第5編 法の使い方、学び方

第1章 法律の勉強

Ⅰ 法律の勉強

Ⅱ 知識

① 知識の理解

② 知識の記憶

③ 知識の表現

Ⅲ 考える力

① 考える訓練

② 考えた事を表現

Ⅳ バランス感覚(センス)

① バランス感覚の訓練

② バランス感覚の表現

Ⅴ 法律の勉強には正解が無いという嘘

Ⅵ 基本概念の理解

① 条文の重要性

② 定義、趣旨の重要性

③ 判例の重要性

第2章 法律文章の書き方

Ⅰ リーガルライディングとは何か

Ⅱ 文章作成の基礎

① 文章の目的を意識する

② 文章の読み手を意識する

Ⅲ リーガルライディングにおける注意点

① 正確性・明確性

② 簡潔さ

③ 読み手にメッセージを伝える

Ⅳ リーガルライディングの際の個別の注意点

① アウトラインをしっかりと作る

② 読み手に予測可能性を与える

③ 答案作成に必要な能力

⑴ 基礎知識

⑵ 答案構成力

⑶ 文章作成能力

⑷ 現場思考力

第3章 法情報の調べ方(リーガルサーチ)

Ⅰ リーガルサーチとは何か

Ⅱ 法令について

① 法令の種類

② 法律の施工

③ 法令を収録した資料、情報源

⑴ 官報

⑵ 六法

⑶ 法令データベース

⑷ 地方自治体の条例など

Ⅲ 判例について 

① 公式判例集

② 民間の判例雑誌

③ 無料データベース

④ 有料データベース

あとがき

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。