法学入門 法を学ぶ意義 法を学ぶ心構え

僕の司法試験に向けての勉強記録です。

僕なりに解釈した事や学ぶべき事を記載していきます。

参考文献は「伊藤真の法学入門(日本評論者)」です。

伊藤真の法学入門 第1章 法を学ぶ事の意義

パファ

先生、今日もよろしくお願いします。

先生

パファ君よろしくね。

復習:「規則」とは

先生

前回の「規則」は覚えている?

復習も兼ねて答えてみて。

パファ

規則とは人が決めた価値観の主張。

人が決める事なので時代や地域、団体等で変わる。

規則はその時代の人たちの共通(あるいは多数)で「~であるべき」という事をルール化したもの。

です。


法を学ぶ心構え 

先生

OK、それで良いよ。

さて今日は法を学ぶ心構えについて勉強しよう。

パファ

法とは価値判断を具体化するための手段でしたね。

そして法には法則と規則があって、規則は人が作るので時代や地域によって変わるんでしたね。

先生

そうそう。その通り。

その時代の規則を見て価値観を把握するんだ。

そして次にその規則を見て、自分の価値判断を決めるんだ。

パファ

規則があるのに、自分の価値判断を決める理由はなぜですか?

全員が同じ価値判断だったら、一律で平等ではないですか?

法則と規則の違い

先生

いい質問だね。

規則は人が作ったと教えたよね。人が作ったものは完璧では無いんだ。

だから規則を見て自分ならばどう思うか。どうあるべきなのが望ましいか。を主張するのが法学における勉強なんだよ。

もちろん誰もが知らなければならない基本的な法の知識を知った上でね。

パファ

えー。

規則や法律が完璧ではないなんて知らなかったです。

法学における勉強。つまり学問という事なんですね。

先生

そう。学問とはコトバンクによると、

学問とは – 理論に基づいて体系づけられた知識と研究方法の総称。

(出典:コトバンク

法学も研究対象として存在するから大学の法学部や、法科大学院があるんだよ。

パファ

規則を学んだ上で、自分の価値観を身に付ける。

その上で「私はこう思う」という結論を示す事が重要なんですね。

法を学ぶ心構え まとめ

法の価値観を知った上で、自分自身の価値判断を考える。

規則は人が作ったモノだから完璧ではない。

法を学んだ上で「私はこう思う」と結論付ける。

法学入門トップ

法学第1章トップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。