介護業界の将来は大きく変わる。ブログから始める副業をおススメ

こんにちは、パファです。

今日は介護業界、福祉業界に勤められている方向けです。

結論です。

早期に副業を始めてください。

将来は現状よりも厳しい給料体系で、現状のままの福祉ではなくなるからです。

僕の話しからさせて頂きます。

僕は民間の高齢者施設の副施設長兼、福祉以外の部署も含めて全体の統括責任者という肩書きも持っています。

経験上、福祉業界の未来に強い危機感を持っています。

今後は副業を早くから身に付ける事をおススメします。

介護業界は低賃金から抜けられない

介護業界の方ならご存知だと思います。

介護保険料と利用料が主な収入源となるので、利用者の利用人数の上限が会社の収入の上限となります。

収入の上限が決まっているから、社員への給料もざっくりと決まってしまいます。

介護保険料は今後は下がる事が予想されています。

もし勤め先が民間企業なら、福祉業界以外の収入を増やさないと大幅な増収にはなりません。

一方社会福祉法人の場合はこれまで安泰でしたが、今後は厳しいです。

福祉施設を複数持っていても、福祉業しか出来ません。

今後の社会福祉法人の存続は厳しくなる可能性は高いです(10年後、20年後と先を見据えるほど)。

福祉職の未来を考える

次に福祉業界の将来を考えます。

僕が見たり調べたり聞いた範囲と、そこから推測した事で決して保障するものではありません。

あくまで想像の範囲で進めていきます。

将来的に介護職のスタッフ人数は、少なくなっても対応出来ると思います。

というよりも少なくなっていくでしょう。

理由は高齢者の補助具が進化し、介護がほぼ不要になる。

例えば次のような進化が考えられます。

  • スマートウォッチは現在あります。体温や心拍数、酸素濃度等の体調がネットで把握出来ます。
  • メガネにネットがつながり、高齢者の見ている物が把握出来ます。
  • 義手、義足が進化し、脳の指示で動かせるよう、歩行出来るようになります。
  • 麻痺で動かない手足が、補助具で動かせるよう、歩行出来るようになります(現在介護職や運搬業の方々に対応した重いものを持つ補助具の進化です)
  • 自動運転の車で、バスやタクシーが無くても移動が出来るようになります。
  • 車椅子がネットにつながり、ナビで自動運転の車に乗せながら病院へ移動が可能になります。
  • スマホや腕時計等の所持や、身体へのチップを埋め込む事でGPSで居場所が把握出来ます。
  • 家の中のあらゆる所にカメラとセンサーが付いて、行動や体調の把握が出来ます(例えば現在エアコンは人感センサーがついています)。
  • 認知症がある人の行動(脳)への対応も可能になるでしょうが、本人の意図しない行動の制御となるので人権的な問題に問われるでしょう。
  • ベットから動けない人を対象とした、ネットを通じて自宅や施設、病院から代行買い物者の目を通して買い物の疑似体験が出来るでしょう。

上記も一部で、要利用者が安全に配慮された環境がもっと進化します。

すると必要なのは把握、管理する人だけでよくなります。

わざわざ計画書を立てて会議したり、夜中も定時刻の見回り等も不要になります。

つまり少ない人数で足りるようになります。


福祉の求められる仕事が変わる

福祉職は介護も必要ですが、機械の使い方も覚える時代が来ます。

もしかしたら機械を操作する機械で、不要かもしれませんが。

ですがやはり最後は人間がチェックする、コントロールセンターのようになるかもしれません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: コントロールセンター-1024x683.jpg

将来の福祉職の仕事はこのような画像になるかもしれません。

今福祉職に就かれている方は、他職同様にこの可能性がある事を認めないとなりません。

近未来は、現状維持にはなりません。

つまり人側もテクノロジーの進化に合わせて、アップデートが必要という事です。

今から自分の進化のための行動をしましょう。

テクノロジーの進化は日進月歩です。

あなたが休日に休んでいる間も、毎日進化しています。

あなたが嫌々同じ仕事を毎日繰り返しているうちに、機械はどんどん便利になっていきます。

田植えが手植えからトラクターになったように、船でしか海外に行けなかったのが飛行機が飛ぶようになったように、国内の情報しか手に入らなかったのが全世界の情報が見られるようになったように。

自分が進化についていく意思がないと、いつの間にか進化した機械に使われる側になりえます。

副業はすぐに利益は出ない

僕は会社に所属せず、自分1人で稼げるようになる副業をおススメします。

どこかに所属すると、結局その業種も淘汰されていくと考えているからです。

副業はあなたでなければ成り立たない事を始めるべきです。

あなた以外で出来るなら、それもいつかは仕事として無くなります。

以前僕は以下のようにツイートしました。

種を蒔かないと花は咲きません。

種を蒔いたからといって、全ての種から花が咲くとも言えません。

しかし種からしか花は咲きません。

そして花が咲くまでは早くとも半年以上。

僕のように失敗が多い人や、異業種に挑む人は何年かかかるでしょう。

そんな中手軽にほぼお金もかけずに始められる方法があります。

ブログです。

僕も始めていた「はてなブログpro」をおススメ

 

僕ははてなブログからはじめました。

下記のように2018-5-29からで、投稿日数は504日です。

はてなブログpro(有料版)は約1年以上利用させて頂いてから、こちらのワードプレスへ移行しました。

はてなブログを無料版から合計すると1年5ヶ月ほどで、とても使いやすかったです。

(現在もはてなブログは利用させてもらっています)

有料版のproを始めると、グーグルアドセンスで広告収入も得られます。

ツイッターや楽天、アマゾン、他のサイトのリンク等もボタン一つで記事に挿入できます。

つまりアドセンス以外にもアフィリエイトも出来るという事です。

僕も500記事以上投稿して10記事前後くらいはアフィリエイト記事を出しています。

もちろんそこからの収入も僅かですが、得ています。

初めての方は、無料版のはてなブログから始めてpro(有料版)へ移行するのをおススメします。

もし文章へ自信がある方であれば、proを始められた方がすぐにお金につながるので望ましいと思います。

はてなブログproの料金

料金は上記のように3つのコースがあります。

僕は1年コースが望ましいと思います。

理由は1年後にワードプレスやYouTube等の別へ移行するかもしれないし、辞めるかもしれない。

まずは1年で経験をするのが望ましいと思います。

ブログでも1年継続出来る人は20~30%と言われています。

逆に言うと、それ以上続けられるとそれだけで生き残られる可能性は高くなります。

あなたにしか出来ない副業を今から種を蒔きましょう。

福祉業界の未来は必ずしも安泰ではありません。

僕はそう思って2018年から本格的に始めました。

 

今日紹介したはてなブログ

 

 

終わります。

 

関連ブログです。

土日や祝日、盆や正月の休みの行動の結果が5年後に出る

選択肢を増やすと精神的に楽になる理由

人との違いはやるかやらないか。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。