同じ仕事で不満。仕事を変えたければ、行動して信頼を得て仕事を奪う

 

こんにちは、パファです。

 

今日は毎日決まった仕事しかさせてもらえず、会社に不満を溜めている方向けです。

 

今与えられている仕事はこれまでのあなたへの評価

 

僕の話しからさせて頂きます。

僕は中小企業で管理職をしています。

いくつか複数の部署を取りまとめ、各部署の管理職も束ねています。

 

管理職として部下へ仕事を預ける場合、任せる基準があります。

その基準とは大きく3つに分けられます。

  • 実績と信頼がある部下
  • 実績は低いけれど信頼出来る部下
  • 実績も信頼も低いけど、可能性を感じる部下

(上から上、中、下の部下として話をすすめていきます)

もちろん上の部下ほど失敗が少なく、例え失敗しても自分で解決するので安心して任せられます。

下の部下ほど失敗する可能性は高く、管理職として失敗をフォローする可能性も高くなります。

つまり一般的には上の部下の実績と信頼がある人に仕事を頼みがちです。

 

しかし僕は違います。

中と下の部下を特に使います。

 

上の部下は基本的に放っておきます。

その方が伸び伸び仕事が出来て頭角を表しやすいから。

中の人を使う理由は、もう少し経験を積ませる事で上の部下にさせる事が出来る。

すると僕の担っている仕事を任せられる人が増えるから。

下の部下を使う理由は、社内の凝り固まった風習や考え方に捉われず、別の角度から解決させる提案が稀にあるから。

少し話が長くなってしまいましたが、管理職がどの部下に仕事を与えるにも与えないにも必ず理由があります。

もしあなたが望む仕事を上司が与えてくれないなら、それは自己評価が高く上司からの評価は低いという事になります。

(悪意ある上司やいじめ等、常識外は除きます)

 

あなたの最初に狙うべき部下としての立場は中の部下が望ましいでしょう。

つまり上司からの信頼を得られる行動を心がけてください。

もし望む仕事を与えてくれないという理由で上司を責めるとますます評価は下がります。

理由は次にお伝えします。

 

評価される人の特徴

 

評価されるにも評価されないにも必ず理由がある事をお伝えしました。

次はその理由についてお伝えします。

もし下記の内容にも当てはまらないという方がいたら、それも自分目線だという認識にしてください。

あくまで上司があなたをどう見ているかという、相手目線を獲得しましょう。

評価のために仕事をしない

 

仕事の目的は業績を伸ばす事です。

自分の評価を得るための仕事なんてありません。

仕事を一生懸命取り組んだ結果、評価は後から付いてきます。

つまり評価を気にした仕事ではなく、会社の方針に則って業績を上げる行動が期待されています。

 

悩まず愚痴らず、行動をする

 

これは日常的にどこの会社でも見られる光景です。

「上司が馬鹿だから」

「社長が間違っている」

「なぜこんなつまらない仕事を俺にさせるんだ」

等、挙げたらいくらでも不満は出てくるでしょう。

 

こんな愚痴や不満を言って結果が出るなら、仕事の時間をフルに使って言い続けたほうが良いです。

しかしそんなわけがありません。

いくら愚痴や不満を「偉そう」に話したところで、現実は全く変わりません。

 

つまり無駄な事をしているのは愚痴や不満を言っている人です。

その先に未来はありませんから。

一方上司や社長でも全知全能なわけではないので、当たり前に失敗します。

しかし行動しているので、何かしら得られるモノはあります。

それが次の挑戦への鍵になるかもしれません。

失敗しても行動して挑戦する人と、愚痴や不満を言って自分を正当化して行動しない人の違いです。

 

上司へも提案や仕事を頼む

 

僕が管理職をしたり、部下の管理職を見てきて上司にも2つのタイプがある事を知りました。

  • 業績を上げるという目的を達成させるために、部下の提案を受け入れる上司。

(もちろん意見の相違で、言い合いや意見のぶつかりは日常的にある上で)

  • 一方自分の立場を守りたかったり、部下を思い通りに行動させる事に優越感を感じるタイプです。

後者のタイプの上司なら残念ながら、仕事よりも先に上司を引き摺り下ろす工程が入るので頑張りましょう。

(僕は引き摺り下ろして、降格させました)

 

一般的には前者のタイプの上司が多いと思います。

その場合は「仕事を待つ人に仕事は来ない」と覚えてください。

 

僕は以前起業しました。

社長を経験している人なら誰もが分かりますが、仕事は待っていても向こうから来ません。

特に創業当初は誰にも知られていないので、仕事を自分からもらいにいかないといつまでも仕事はありません。

会社の社員だからと椅子に座って待っている人には、仕事は来ません。

考えが甘すぎます。

僕は今の会社に入社した際、僕の方が仕事が出来ると感じて上司を引き摺り下ろし、下克上を完成させました。

そしてさらに上に昇り、社員全員を部下にさせました。

下克上の途中に愚痴や不満は一切言いません。

理由は前述しました。

 

失敗を恐れず改善させる

 

社員の多くは失敗を恐れます。

例えば接客業であればお客さんを怒らせてしまう怖さでフロアーに出られなかったり。

例えばチームリーダーを任せると、失敗を恐れて辞退したり。

 

伝えたい事は2つあります。

  • 「今の自分」を基準に考えると出来ない事なので、怖いでしょう。

やりながら覚えていくと学習します。

その伸びしろ部分を前提に入れて判断すること。

 

  • もう一つは失敗しないと覚えません。

例えば車の運転で無事故無違反は望ましい行動です。

ですが人身事故を起こした人の方が、車は人を簡単に傷つける道具だと身を持って怖さを知ります。

もちろん事故を推奨していません。

その怖さを知らないと、人を傷つけない方法は分かりません。

失敗は成功するために必要な修正箇所であり、途中経過です。

日本人はどうしても失敗に対してネガティブなイメージがありますが、成功は失敗の先にしかありません。

 


今の仕事を改善するところから始める

 

さて理想とする行動をお伝えして来ました。

では今日から具体的にどう行動したら良いかについてお伝えします。

 

毎日同じ仕事しか無い状態から信頼を得る方法です。

それは今の仕事を疑いましょう。

 

あなたの仕事は今の現代にとって本当に必要な仕事なんでしょうか。

それを日々考え続けてほしいという事です。

 

例えば現代は運輸業、介護業、宿泊業等、慢性的に人材不足で倒産する企業も多々あります。

それを補うために受注する仕事量を減らしたり、外注に出したり、機械を導入したり。

変化を続ける会社がなんとか生き残っています。

 

これは毎日の仕事でも言えます。

毎日同じ仕事をしていても、時代は流れています。

目的は変わらなくても手段はいくらでも変えられるはずです。

 

例えば毎日日報を書くのが業務の一環だとします。

それを手書きで行っていては、時間がかかります。

パソコンを使って打つのは、机に座らないと出来ません。

するとタブレットを導入するだけで、どこでも業務を書けるようになります。

 

するとタブレットを導入するためのお金が必要となる。

次は上司にその大切さを説得しないとならない。

タブレットの毎月かかる金額と得られるメリット。

手書きでかかる時間、パソコンの前に拘束される時間等、客観的にメリットデメリットを考える。

 

今ある仕事を効率化していくという行動と思考が、次の信頼ある仕事に結びつきます。

当たり前の日々の仕事に疑問を持ち、改善する気持ちを持ち続ける。

効率を上げるために無くす仕事と、それによって影響が出る他の仕事も一緒に改善する。

という所から始めてください。

 

自分から行動を起こす。

簡単なようで、出来る人はそう多くはいません。

行動しましょう。

 

終わります。

 

関連ブログです。

不満を目標に変えて成功をつかむ。不満はチャンス。

心穏やかにする方法。上司や同僚、部下の仕事に不満があっても怒らなくなれる

日々困れ。困らず考えず行動しないと、衰えて何も出来ない自分になる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。