考え方はクセです。クセを知って修正し、思考を変えて望みの行動を手に入れる方法。

こんにちは、パファです。

 

このブログは私が大学の心理科で学んだことや、起業してその失敗、現在勤めている会社の責任者として経験や実体験を元に記載しています。

どの方にも合うというわけではないですが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

思考は「変えることができますよ」って話です。

 

私はポジティブ思考だったのですが、会社を倒産させた辺りは思考停止でした。

そして今は目的を叶える為の思考です。

 

 

考え方は生い立ちによります

f:id:pafa:20190711145606j:plain

当たり前ですが、人は思考しますよね。

特に頭が使われるのは学習している時、行き止まりに立った時、等ですね。

 

この思考は生まれてから親の教育と環境によって大きく影響されます。

つまり学習するんです。なので書き換える(変化する)事ができます。

一度覚えた事なので、書き換えるのは容易ではないですけどね。

 

両親から叱責され続けて育った人と、のびのび否定されずに育った人では思考の仕方は大きく違います。

兄弟でも思考は違いますよね。長男と次男、三男でも変わります。

そして成人になる頃にはある程度、その人の思考の方法は決まっています。

 

さらに思考するかしないかも大きな差がでます。

難関大学へ入学できる人は、人並み以上に頭を悩ます事に長けています。

思考するのは疲れます。筋トレする人は毎日筋トレするように、思考する人は常に様々な事について思考するクセがつきます。逆に思考しない人はどこまでもしません。クセになっていないんですね。疲れますし。

まず思考するクセをつける事が、自分のやりたいことに近づく1歩ですね。

 

認識してもらいたいのが、壁に当たったらその時点での答えを出してください。

答えを見つけるのが日本の教育ですが、答えの無い事だらけです世の中は。だからその時点で最善だと思える事を思考し決断します。

その際シンプルに考えるのが望ましいです。

 

例えば、お金が必要になったとします。

すぐに必要なのか、ある程度時間があるのかで考え方がまた変わります。

・バイトする

・借りる

・物を売る

・延期できるか確認する

とか、できるかできないかではなく、まず考えられる選択肢を全て上げる。

そこからさらに枝分かれで選択肢を増やし、一番望ましい方法から実践していく。

 

ここでのポイントは、できるかできないかは置く。そしてシンプルに選択肢を増やす。

それを問題が起きたら逃げずに毎回考えるクセをつける。

 

 

問題を乗り越える閃き方

毎日の仕事でも、与えられた事を何も考えずこなす作業と、効率を上げるために全ての行動を考えて行う仕事では、年月を重ねると大きな違いになります。それは昇進という形で現れるでしょう。

 

問題を探す。あるいは起きた場合の処理の仕方は人それぞれです。つまり正解はない。

問題をどう収めるのか。収めたいのか。

先にゴールを決めてから、方法を考えます。ここで問題が大きくなると経験の少ない人は動揺します。そうすると良い判断はできません。

だから動揺しない精神力があればいいのですが、そんな簡単にはいきませんよね。

 

話しがそれました、閃き方はそれまでの知識や経験で左右されます。

知らない事はできませんので。

だから、色々な問題を解決するためには知識を増やす事が一番いいです。

知識の多い人ほどうまく切り抜け、経験値が増え、レベルが上がります。

知識の乏しい人は問題から逃げます。生きていれば問題なんて次から次に起きます。次々に逃げていくので、人任せの人生になります。

 

仕事上でも問題が起きたら上司に振ることが多いと思いますが、先に自分だったらどう解決するのか考えるんです。そしてそれを上司に「私はこう考えます・・・」と伝えるんです。間違っていれば教えてくれますし、責任は上司がとります。良い経験の積み方だと思いますよ。私は先に部下にどう解決するのが望ましいか聞きます。

上司なんだから自分で考えろって言う人もいますが、本質を掴んでいなくて残念としかいいようがないです。

問題が起きて上司に「どうするんですか」と聞くのは、実に勿体無いです。

せっかくの経験値を自ら投げるんですからね。

 

ネガティブ思考とポジティブ思考ってあります。

私は両方必要ですが、それは基本思考でしかないと思います。

 

基本思考とは自分を形成している基本となる考え方ですね。

問題が起きればネガティブもポジティブもなく、解決する思考にしなくちゃならないんです。

 

俺はネガティブ、私はポジティブで留まっていると危険ですよ。

 


大きな目的があるなら逆算思考

現状起きている事に対処するのは、現状という線の上での事です。現状から考える、ということはその線の延長線上です。

つまり、延長線上から目的に向かうには方向性としてはいいですが、迷う可能性が高いです。

私は秋田県在住です。東京までいくとすると、秋田から何で行くのか、どこを通るのかと考えるよりも、東京のどこなのか場所を明確にして、飛行機なのか新幹線なのか、車なのかと判断し、道を選択する。

逆算思考も大変ですが、大きなものに立ち向かうには必ず必要な思考です。

 

~まとめ~

 

私がこれまで色々悩んで通ってきた道を考えると、とにかく分からないと言って止まるとダメですね。

つまり思考停止。何でもいいからとにかくその場で考えれる最善を決める。

これをやっていかないと、良い閃きは浮かんできません。

そして悩み方にも方法がいろいろあります。

また別記事として書きたいと思います。

 

考え方は変えれますよ!

人のせいにしていたら思考停止ですよ。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。