挫折は自分を成長させる。辛い困難ほど乗り越えたあなたは強くなる

こんにちは、パファです。

 

このブログは私が大学の心理科で学んだことや、起業してその失敗、現在勤めている会社の責任者として経験や実体験を元に記載しています。

どの方にも合うというわけではないですが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

何かに取り組んでいると、必ず訪れる挫折。

挫折とは「逃げられない状況で、行く道が見えない状態」として進めて生きます。

 

結論は「淡々とすすめる」です。

人は感情のある生き物、その感情が時に行動を妨げます。

だから挫折するほどの事があっても、乗り越えるためにできる事を淡々と毎日試していく。それにつきます。

いかに感情に左右されず行動ができるかは、何度も挑戦し経験して獲得するしかないでしょう。

 

挫折は自分を変化させるチャンス!

f:id:pafa:20190705085612j:plain

挫折とは「その人の通ってきた道を、他の人に説明する際のひとつの指標」となります。

つまり挫折が無い人は他人に自分を説明する際、困難を乗り越えた経験が無い人と感じます。立ち向かえない人、つまり突破できない人と思われます

困難を乗り越える手段は人それぞれです。どう乗り越えたのかよりも、乗り越えるためにどう考えて行動したのか、があなたの代名詞となります

 

先にも伝えましたが、私の方法は「感情をねじ伏せ、淡々と行動する」です。

そして挫折という困難は、現状のあなたではできない事だから訪れるのであって、できることは困難には含まれません。

困難はできないから、くるんです。

 

その挫折を乗り越えるために大切な事は次のとおりです。

・できない事へ飛び込む勇気。

・試行錯誤する思考力。

・継続する忍耐力。

これを「淡々と」行動することで、改善できます。

 

勇気。

 

不安な気持ちは誰にでもあります「できるわけない」「なぜ俺がこれをやるんだ」「やれる人がやればいい」

そんな事を言っていても改善はしませんし、突破もしません。できる事をやってもレベルは上がりません。やれない事に挑戦するからこそ、レベルは上がるんです。

ダメかもしれない「でもやる!それでも挑戦するのが勇気です。

年齢を重ねる程体力も落ち、失敗の経験も増えるから挑みたくなくなる。だから若いうちから困難を多く経験した方がいい。

そして困難を経験せず年齢を重ねた人は、挫折を味わうと逃げます。走って、または止まって逃げます。

あれこれ言わず、とにかく感情を込めずに行動する。

行動の先にしか突破はありません。人任せでも突破しません。人が突破してくれるだけです

 

思考力。

挫折とは「行き止まり、やれる事がなくなった。進める道はもない」と思う事です。

実はそこからが成長の始まりです。もう道が無いと思えるところまで来たなら、チャンスなんです。そして道なんて五万とあります。そう思うんです。

「やれない」なんて考える暇はないんで、「どうやれるか」だけを延々と考えてください。毎日何時間も考える角度を変えて、考え抜くことで閃くことがあります。

しかしその閃きもおそらくダメでしょう。それを突破するまで角度を変えて考え続けてください。

何が言いたいのか。

感情を乗せずに、淡々と取り組む力を養う」です。

 

挫折の先にあるもの

f:id:pafa:20190705093225j:plain

辛いことだけに目を向けないでください。

挫折を乗り越えた後、あなたはどうなっていますか。

 

過去を振り返ってみてください。

過去にも小さな困難に何度も立ち向かってきたでしょう。

その時は苦しんだとしても乗り越えると、それほどの事でもない

つまり乗り越えれるんです。そしてその後の行動は変わりましたよね。

できなかった事が、できるようになったんですから。

例えば子どもは最初誰しもが自転車に乗れません。だから行動範囲が徒歩圏内です。

しかし自転車に乗れるようになると、行動範囲は一気に拡大します。それは車の運転でもそうです。

困難の先には行動の幅が大きく変化するんです。

 

繰り返しますが、困難に立ち向かうのは大変です。しかし自分を変えれるチャンスなんです。大きな挫折ほど自分が大きく変われるチャンス。

 

もう一つ大切な事。

挫折を克服すると、やれる事が増えるといいました。

それよりも大切な事があります。

克服できた実績と、克服できた自信と成功体験です。これはとても大きい経験値なんです。

なぜなら生きてる限り挫折はきます。しかし克服経験があると2回目以降は自信があるので、それほど絶望感は感じません。

以前はなかった克服の経験、成功した努力と自信。だから行動への戸惑いが少なくなります。

できないという感情を感じることなく、行動できるんです。

 

そしてもう一つ。

淡々と向き合っていても、人間なんで必ずモチベーションは落ちます。

そのモチベーションを上げるための時間も取ってください。

1日音楽なり、映画なり、偉人の名言でもいいです。とにかく気持ちを切り替えることが重要です。

なぜなら毎日同じ事を考えていると思考も疲弊し、角度を変えて考えられない。斬新な事も疲弊して考える事ができなくなるんです。

だから切羽詰っていても、その感情を押し殺して休んでください

それが最短です。

 

挫折はチャンス。感情を殺して、淡々と進む。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。