勉強して品格ある人になろう。脱低品位

こんにちは、パファです。

 

このブログは私が大学の心理科で学んだことや、起業してその失敗、現在勤めている会社の責任者として経験や実体験を元に記載しています。

どの方にも合うというわけではないですが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

年齢を重ねるというのはそれだけ様々な経験をすることです。良い事も悪い事も。

その経験は、後世に託さなければならない。

残念な国にならないために。

 

ですが現代は、とても品のある成長を目指しているとは思えない。

 

大人が勉強、行動して手本となって、子どもたちに教えていきましょうよ。

 

〇日本人は、元々「武士道や大和撫子」の精神がある

f:id:pafa:20190629102048j:plain

日本には「武士道」や「大和撫子」と言った精神があります。

今でも特に天災があった時の人々の言動には、その精神が大きく反映されていますよね。

地震や豪雨災害の時の行動です。

 

それを普段の生活からもっと表す必要があると思います。

つまり心の成熟が年齢に伴っていない。

40代以降に性犯罪や暴力、反社会的行為。子どもですよね。

目の前の娯楽や欲求に負け、全てを人や環境のせいにする。

心が成長しないまま体だけが大人になったとしか思えない。

 

武士道や大和撫子はいわば、人格のコントロールと言えると私は思っています。

それが徐々に失われているのは、日本人の精神が忘れられる方向にある。

だから一人ひとりが年齢とともに勉強すべき事だと思います。そんな私も勉強し、日々努力しています。

 

そして生まれもって日本人の精神が備わっている人はいなく、学習して備えるものです。

 

武士道や大和撫子の定義や考え方は他のサイトを参考してもらうとして、考えを学び実践をすることで身につく。

 

私なりの実践方法を紹介します。

努力中ですが。

 

 

〇品格を実につける方法。

f:id:pafa:20190629105222j:plain

繰り返しますが、品は必要です。

 

年齢を重ねているのに、冠婚葬祭のマナーがわからない、取引先との会食、大きな問題が出たときの振る舞い等。

多くの場面で人の目に晒されています。

できない、わからないはせめて30代まででしょう。

40代からはできない、わからないは通用せず、そういう人なんだと烙印がつきます。

 

さらに会社や何らかの団体に所属し、責任ある立場に就いた場合、品が無い人へは部下も尊敬せず影で馬鹿にしているでしょう。

 

そして品位を身につけるのは簡単ではない。勉強と同じで、日々の努力の積み重ねで得るものです。

 

そして普段の生活での言動とは、次のようなものを指します。

・清潔感

・たたずまい

・綺麗な文字、わかりやすい文章力

・話し方

・感情の表現

・考え、芯

・思いやり

・礼儀

・自分を信じる心

 

一番大切なのは最後の「自分を信じる心」だと思っている。

自分の行おうとしている行動が、品のある行動なのか違うのか

違うなら見直せば良い。自信もって行動できるなら貫けば良い。

品が分からなければ、勉強してから実践したらいい。

 

要は勉強が足りて無いじゃんってはなし。

 

 

もっと心の成熟のために勉強しましょうよ。

 

未成熟が当たり前になっちゃだめでしょう。

 

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。