スケジュールを立てる意味と立て方。

こんにちは、ぱふぁです。

 

このブログは私が大学の心理科で学んだことや、起業してその失敗、現在勤めている会社の責任者として経験等、実体験を元に記載しています。

 

 

今週は雨ですね。

気温も低いですし、風邪をひかないように調整しましょう。

 

さて、私は何か行う際は必ずスケジュールを立てます。

これまで部下を見てきて思うのですが、目的に期日を付ける人と、ざっくりと付ける人、まったく付けない人がいました。

 

期日を付ける人はメモ帳に書いて最優先で終わらせるようリスト化して取り組み、問題が発生しても自分で解決できることならば解決してその日のやるべきことを終わらせていました。

 

ざっくりと今日何をやると決めている人と、予定を決めないで取り組む人については、仕事が予定どおり終わらない。

すぐに遅れがでて修正ができない。調整もままならない。

という事が同じ人に多く見られました。

 

私はスケジュールは毎日組むべきだと思います。

自分のやることを明確にすると対策が立てやすいですし、最短距離を確認することや問題が起きそうな事へも予測がつきます。

 

しかし予定を立てて守れない方もいるのが現実。

ぜひ毎日のやることをメモ帳に書くなりして対策をとった方がいいと思います。

 

また新規事業等大きなプロジェクトの場合は、数ヶ月単位で予定を組まなければならず、毎日の簡単なスケジュールを組むことさえ慣れていない人にはとても難しいです。

というかできません。

 

スケジュールの組み方は日々の仕事なのか、大きなプロジェクトなのかで日数は異なりますが、やることは一緒です。

 

①仮で完成日(時間)を決める。

まずはどの日(時間)までに最短で完成させるのが一番望ましいのか、自分で把握するためにも仮で決めます。

 

②完成までに必要なやるべきことを決める。

ここで注意したいのが、調べる時間や問題に対応する時間、都度作成した物を確認する時間等、やるべきことと一緒に時間も設定します。

 

③②で決めたことを紙面、またはパソコンで視覚化し、わかりやすいようにする。

頭の中に入れたつもりでも、すべては入らないですし、書きながら修正や問題にも気付くことができます。視覚化はとても大切です。

 

④途中で手が止まった場合を想定する。

毎日の繰り返しの事ならば止まることはないと思いますが、新しい事への挑戦は壁が多いです。調べてわからないことは当たり前です。その都度どう乗り越えていくか、経験の少ない方はもがき方がわからず止まってしまうことがある。

もし途中でやめてしまうことが考えられるなら、事前に止めないように手を打っておく。

 

⑤完成したらどうなっているのか考える。

モチベーションをあげ続けるため、これは必須です。

終わったらどういう気持ちになるか。どうなっているのか。がなければ頓挫しやすいです。じっくりどういう気分になるのか考えてください。

 

⑥ある程度完成したら見直す。

ミスが多く何度も繰り返していると信用されなくなります。確認しない人だと。

やっと時間をかけて完成したものを見直すのも、かなりの手間ですが重要です。

 

⑦予定どおり完成できない場合も心得ておく。

失敗ありき、完成が遅れるのがありきの話しではありませんが、想定どおりいかないのが当たり前です。

それをいかにクリアし、予定どおりに終わらせれるかが問われています。

しかし、毎回完璧に予定どおりにもいきません。

その際のリカバリーも考えておく。

 

⑧自分を決して責めない。

どんな状況になり、上司や外部から怒られるようなことをしでかしても、自分だけは自分を責めない。責めてはいけない。

同じ過ちを繰り返さない対策を決めて、それで終わり。

自分のモチベーションは自分で落とさず、上げることに努力する。

好きな曲、映画を見る、おいしいものを食べる、自然の中で癒される。自分にあったスタイルを決めましょう。

 

⑨何が何でも終わらせる。

例えスケジュールどおりにいかなくても、遅れてもいいので必ず終わらせること。

途中であきらめると、それが癖になり終わらせられない人になります。

特に他人が関わらない、自分に対して決めた事であれば一番難しい。止めても困る人は自分以外いないので、止めやすい。

それ以上に完成できないのが当たり前になるのだけは阻止しましょう。自分のために。

 

⑩なぜスケジュールを立てるのか考える。

もちろん完成させることが一番の目的です。

その上でスケジュールを組んで完成させることを行うと、どうなるのか。

他人から信用され自分に自信がつきます。

他人からも自分自身からも信用できる人になり、問題が起きても自分で解決できる人間になれます。

 

毎日の同じ仕事の中にも目的持って動いてください。

ただ流される毎日を過ごすのは時間の無駄です。どんな仕事にも効率の最適化、無駄の排除等考えて過ごすこと。

空いた時間で自分の底上げをしてください!(投資)

 

今日も頑張りましょう!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。