酒とダイエットとおっさん。お酒は美味しい話し。

こんにちは、ぱふぁです!

 

晩酌を止めれないダイエットをする40代の男の話し。

 

 

私は酒を飲むと必ず満腹感が無くなり、驚かれる程食べています。

 

その結果179センチ、85キロ、

少し前までは91キロありましたが、2度の入院でこの体重になりました。

 

ダイエットじゃなく、病気で減ったんじゃん!笑

 

そんな私がなぜ酒を飲むと感覚が麻痺して、ずっと食べ続けるのか調べてみた。

 

 

人は食べ物(カロリー)を摂ると身体が満腹だって脳へ伝える。

 

その満腹だって認識する方法が大きく2つある。

 

①腹減ってる時は胃が収縮して、食べ物が入ると拡張し脳へ伝える。

②食べ物を食べると血の中の物質が変動し、満腹なったと脳へ伝える。

 

そしてこれらによっていっぱい食べた事を伝えられたら、今度は腹いっぱいだよって脳が身体へ伝えて食事を止める。

 

だが腹いっぱいだって言われてるのに、食べ続ける時がある。

それが、

 

・アルコールを飲んだ時

・特別に美味しいと味覚と胃で感じとった時、もっと食べたいと満腹であっても促進される時。

 

があるらしい。

 

 

そのアルコールの影響をさらに調べると。

・満腹だって感じとる脳の麻痺。

・水分を多くとるのとビールの利尿作用によって排尿が多くなり、水分とともに塩分もでる。それによって塩分を身体が欲する。(締めのラーメン)

・肝臓が多く働くことで、肝臓がエネルギーの炭水化物を欲する。(締めのラーメン)

 

がある。

 

 

ならばどのような対応策があるのかを調べた。

・一般的にダイエット

・精神的に落ちている時の食欲の無さ

・食べ物の見た目(青色のカレー等)

 

そして自分でも考えてみた。こんなのがあればいいなーってもの。

・アルコールを一瞬で解毒する薬

・アルコールをすぐに解毒できる身体(肝臓)

・アルコールを飲んでも食欲は抑える薬

・食べても全部排泄する薬

 

ほとんど薬じゃん!笑

 

そんなのは無理だから、やっぱり飲む前に腹いっぱいにして脳に感じ取らせるか、飲んでも我慢できる意思か、酒飲まない意思。

 

これになるかと。

( ´・ω・` )

 

 

さて食生活を改善する考察と実験は継続しまーす!

( ´﹀` )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。