コロナウィルスで今の会社で勤めている事が困難なら、転職を考えて早めに行動しよう。

こんにちは、私がパファです。

 

 

 

最近新型コロナウィルスの感染拡大によって、経済がまともに回らなくなっていますね。

このままいつ収束するか分からない、先が見えない状態は人が一番ストレスを感じやすい環境です。

だから自分で決められる事はなるべく早く決断して、決められない事は考えないようにしましょう。

 

もしあなたが勤務している会社が新型コロナの煽りを受けて、減給、有期雇用の雇い止め、給料未払い、倒産等の恐れが出たら判断を早くして行動することをお勧めします。

理由はこれから月日が経つごとに退職者は増えます。

また他の会社も収入が見込めないなら雇用を控えたりするため、選べる会社が少なくなります。

そんな話しをします。

 

 

 

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えします。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

そして日本の企業が技術でまた世界一と言われる日を目指すブログです。

 

f:id:pafa:20200327093022j:plain

 

 

自分が変えられない事

冒頭でもお伝えしましたが、現在(2020年3月)は新型コロナウィルスの感染拡大で国や県から外出の自粛要請があり、不要不急の外出を控えるように通達されている。

 

そして日本は他国に比べて緩やかだが、確実に感染者が増えている。

私の会社や取引先での発症は今は見られないが、いつ発症者が出ても不思議ではない状態にある。

 

そして自宅での勤務や、外出の自粛、イベントや人が集まる一切を禁止の要請をしている。

そうなるともちろん経済は、止まりますよね。

だから倒産している会社も出てきている。

さてこんな時にどう立ち向かっていくべきか、考えていきたい。

 

 

まず自分では変えられない事実をあれこれ悩んでも、時間が無駄。

そしてもう身近にコロナの罹患者がいなくても、いると前提で考えたほうが早い。

だからその上で考えていく。

 

 

コロナは身近にあって、出勤は出来ない。

自分が無理に出勤すると、自分も苦しむし家族や両親に感染を広げる可能性がある。

さらに会社にも迷惑がかかる。

 

ではどうするか。

まずは会社に勤めているなら、会社の方針に従おう。

社長だって会社を倒産させたくないから、倒産させず出来るだけ社員にも負担にならない判断をすると思う。

 

それでももし会社の人が感染したら、またはあなたが感染したら、さらに感染しなくても仕事がまったく出来なくなったら。

その状態に陥る事は、当分の間あなたは収入が得られない事を意味する。

 

あなたが決められるのは、まずそれでもその会社に留まるのか否か。

どの会社も先が見えず、生き残れるのか倒産するのかも分からない。

だから自分の感性を信じよう。

そのままいるのか、または転職するのか。

 

一つの判断材料は、これまでの社長の決断の仕方や、従業員への接し方、もし仕事が半年以上滞った場合社長はどう判断すると予測するか。

本当にそうなるか、ならないかは問題ではない。

 

あなたがどう判断するかが問題です。

そして辞めるべきだと判断したなら、早いうちに行動に移す事をお勧めします。

これから倒産企業は日ごとに増えます。

離職者も当然増えて、倒産する会社は増えるから雇用先が減ると予測できます。

だから早く行動に移すんです。

 

 

 

自分が変えられる事

新型コロナがいつ勤めている会社に入ってくるか分からない。

入ってくるとおそらく全員出勤停止。

いつまで停止になるか分からないし、仮に出勤してもまた感染者が出て出勤停止になるかもしれない。

そして休みの間はおそらく給料は出ない。

 

さて、あなたが変えられる事は自分の事と、自分の未来につながる行動。

今の会社でそのまま勤めていて、例え時間がかかっても乗り切れるのなら勤めていましょう。

しかしそのまま勤めていると、どう考えても暗い将来しか考えられないなら退職するべきです。

理由は収入が途絶えるし、国や会社に訴えても自分で変えられない事に嫌な気持ちになるからです。

 

時間が過ぎていくと選択肢はどんどん狭くなっていきます。

この世界的な危機的状況で生き残れる会社は、「この状況でもお金が回っているか、体力のある会社」です。

 

例えばこの状況でもお金が回っている職種は、

・小売店、スーパー

・飲食

・医療

・運輸

・市役所

・福祉

・不動産

・電気

・ペット関連

等。

 

人は環境が変わるのが怖い生き物です。

先が見えないから不安になるため。

ですが、今は誰もが先に対して不安しかありません。

そんな時に生き残るには、自分が置かれている環境の近い将来を見る先見性が必要です。

後は決断力と行動力。

 

 

 


困難な時こそ、先を見据えて行動

ピンチはチャンスです。

あなたの会社があと半年後に生き残っていられるか。

そうでないなら、退職の決断を急ぐべきです。

 

今求人を出している会社は、このコロナで騒がれている状況でも人が欲しいという会社です。

つまりすぐに倒産は考えられません。

今月、来月の収入も入ってくると見通している会社ですから。

 

でももしかしたらあなたは転職する勇気が無いかもしれない。

またはもしかしたら退職しなくても近いうちに会社が持ち直すかもしれないと思っているかもしれない。

楽観的な考えも時には必要です。

ですが、今は違います。

 

 

転職したら今の給料よりも落ちるかもしれない。

管理職だったのに、一般職になるかもしれない。

あなたが今1番大切にしないとならないのはなんでしょうか。

 

先の見えない居心地の良い会社に可能性をかけるべきか、今までよりも少し収入は落ちるけど安定して収入を得られる会社に移るべきか。

判断が早い人は、もう動いていますよ。

早く判断した人ほど、美味しい部分はありますからね。

 

 

さらにこれまで働いた事のない分野に就職するのも自分にとってプラスになるかもしれない。

毎日同じ事の繰り返しで代わり映えの無い日々を退屈に過ごすよりも、もしかしたらあなたの好きな仕事が見つかったり重要な人に出会える可能性もある。

新しい職場には可能性があるんですよ。

それを生かすも殺すもあなた次第ですが。

 

 

 

判断を信じる

考えましょう。

新型コロナにどう対応していくべきなのかは、誰もが未知の領域です。

答えは誰も知らないんです。

 

仮にあなたが今の会社に残ると判断しても、転職に行動を移しても絶対自分を責めてはダメです。

この困難な状況をよく判断したと、逆に褒めましょう。

 

それでも収入が無ければ生きていけません。

ダメだったらまた考えれば良いんです。

 

今の会社に残ろうと決めたけど、結局思ったより事態が悪化して退職した。

それで良いんです。

転職したけど思ったよりも給料が安い割りにお金にならない残業(サービス残業という言葉はしません)が多い。

だからまた転職した。

それで良いんです。

 

要は自分で考えて決めて行動して、間違ったと思ったらまた行動する。

途中間違ったくらいで自分を責める必要はなくて、修正したら良いんです。

日本人は失敗をとても恐れます。

その経験が少ないし、失敗を悪と捉えている。

失敗しても修正したらいいだけなので、そんなにビビる事はありません。

失敗は必ずあります。

失敗しない人なんて存在しません。

 

私もこれまで数え切れないほど失敗しましたが、まだこうやって元気に生きています。笑

 

さらに私も現在勤めている会社は退職する予定です。

新型コロナとは関係ありませんが、3回も大腸に穴が開いたために身体が今の会社に合わなくなってきたと感じています。

今後もそう何度も大腸に穴が開いて大丈夫なわけがないですし、会社にもすでに3度迷惑をかけていますからね。

 

身体が壊れるほど会社のために働いても、結局会社に居づらくて辞める決断をする悪い例です。

無理して働いても損ですよ。

休日はしっかりと休める会社で働きましょう。

 

応援しています。

 

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

 

今日も最後までご覧下さりありがとうございました。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。