働く本質を知らないと、いつまでも成長出来ず売上も上がらない

こんにちは、パファです。

 

 

今日は無職の人や、働く事が嫌で毎日適当に仕事をしてしまう方向けです。

 

何事にも本質というのがあります。

その本質を知らないと、いつまで経っても小手先の技術しか上がりません。

小手先の技術は会社が変わると使い物になりません。

 

人としての成長は本質に隠されています。

 

本質の話しをしていきます。

 

 

 

 

f:id:pafa:20200909080931j:plain

 

本質を知らない人の働き方

 

結論から伝えます。

・指示された事だけを終わらせる、流れ作業。

・自分が任されている仕事の意味を考えない。

・自分の気持ち優先で、相手の気持ちを考えられない。

・同僚や部下に言う事を聞かせ、責任を取らせる。

  

一言で言うと、何事も考えない人です。

行動する意味を考えず、思考停止のままだと全てが無駄な努力になります。

 

 

 

働く4つの本質

 

働く本質には、以下の4つの事がとても重要となります。

 

・自分の人生を学ぶ

・人の役に立つ喜びを知る

・お金が回る仕組みを知る

・人を育て、その経験で学ぶ

  

以上の事について、それぞれ解説していきます。

 

 

 

人生を学ぶ

 

どんな仕事でも職種でも、立場でも関係ありません。

仕事とは人生を学ぶ場でもあります。

 

人生を学ぶとは、

 

・使命を知って全うする事

・迷って苦しみの中から、生きる理由を知る事

・他人との共存

・託された物を託す事

・自分の幸せを成す事

 

どこの会社で働くかではなく、何のために働くか。

これはスポーツでも、芸能でも同様です。

 

本質ですから。

 

 

 

人の役に立つ喜びを知る

 

人は自分が喜ぶために行動すると、他人が見えなくなります。

すると他人に迷惑がかかる。

 

本当の喜びとは、誰かを喜ばせる事です。

人を喜ばせるために、勉強し働く。

 

決して自分のためだけに自分を磨いているのではありません。

自分を磨いて、他人に活かす。

 

その目的は人を幸せにするためです。

 

人を幸せに出来る人は人望が厚く、感謝や尊敬、好意が集まります。

すると人生がさらに楽しくなり、人の為に生きる事が自分のためになると知ります。

 

 

 

お金が回る仕組みを知る

 

生きていくためにはお金は必要です。

当たり前ですが。

そのお金は会社にどう集まってくるかを知れます。

 

例えばゲーム。

ゲームは娯楽(今ではeスポーツという意見もあります)です。

 

その娯楽で利用者にお金を使ってもらうためには、ゲーム内で強くなるための何かを販売したら買ってくれる可能性はあります。

 

時間をかければ強くなれるのを、お金をかけて短時間で強くする。

またはお金をかけた人だけが強くなれる何かを売る。

 

人の気持ちを動かす事が出来ると、そこにはお金が流れます。

 

 

 

人を育てる経験から学ぶ

 

職場で人を育てるには強い忍耐と優しさが必要です。

 

人を育てるには、1ヶ月や半年程度では育ちません。

長い時間をかけて間違いを正しながら、正しい方向へ導く。

 

また部下も人です。

部下の気持ちも蔑ろにはできません。

行動を正すだけではなく、考え方そのものを改める必要があります。

 

さらに部下を育てるには優しさが必要です。

手取り足取り教える優しさと、演技でも冷たく突き放したり叱って考えさせる優しさです。

 

甘えさせ過ぎると成長は止まります。

 

そのさじ加減は、部下それぞれ違います。

それを見極める感覚も重要です。

 

部下を育てると、自分が育った頃を思い出します。

すると当時怒られた時の理由が分かります。

 

それも部下に教えていくんです。

 

今は分からない事でも、その部下が人の上に立ったら気付きます。

何年後も見越して、今の部下を育てていく。

 

甘えだけでは、間違った育ち方をした部下しかできませんからね。

 

 

 

まとめ

 

自分の行動の全てを毎回考えて下さい。

なぜ自分はその行動をするのか。

 

毎日考えていると、自分の中の本質が見えてきます。

 

その本質が見えてくると、望ましい方向に成長していきます。

個人差はありますが。

 

ぜひ日々「考える」という行動を諦めないでください。

 

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日は今日よりも苦難が減り、より多くのチャンスと幸福に恵まれた1日になるように。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。