仕事と勉強を両立させたい方の時間の作り方

こんにちは、パファです。

 

 

今日は仕事をしながら、今後のために勉強もしたい。

だけど時間が無くて、始められないと考えている方向けです。

 

せっかく勉強したいと望んだのですから、時間を作りましょう。

勉強して進歩しようとしている人こそ、将来の選択肢は増えます。

 

時間の作り方を解説します。

 

 

 

 

f:id:pafa:20200824070632p:plain

 

現状を変えるには

現状を変えるには、新しい行動をしないと変わりません。

当然ですが、料理していないのに料理が上手くなるはずがありません。

 

現状を良くするためには、今の行動に新しい可能性を付け加える。

それの繰り返しで、現状を時代に合わせて変えていけます。

 

日々の仕事が忙しいのは分かりますが、それに甘んじているとずっと止まったままになります。

時代に合わず、その会社だけでしか通用しない人間になります。

 

勉強は死ぬまで続けないと、成長の止まった人は能力も魅力も、収入も落ちていきます。

 

まずは勉強しないままでは時代に取り残されて、ダメだと言う事を知りましょう。

 そこが始まりです。

 

それすらも思えないなら、年齢を重ねるとともに働き場も少なくなり、収入も落ちて生きます。

僕の周りにもいくらでもいます。

 

現状維持は危険だという危機感を持ちましょう。

 

 

 

時間の減らし方を考える【睡眠は削るな】

 

仕事をしながら勉強するには、それなりの時間が必要です。

しかも新しい事を一から勉強するにはまとまった時間がです。

 

仕事をしながら新たに勉強するとなると、大きく分けて上記の5つの時間が必要です。

・仕事

・通勤

・生活

・勉強

・休日

 

注意するのは、一時的には仕方ありませんが【睡眠時間は削らない】でください。

効率が落ちるし、勉強しても覚えられないし、集中力も落ちます。

一時的以外は全く良い事はありません。

 

この5つの中で、不必要な時間を削りましょう。

必要か不必要化は、将来につながる行動なのか、自分自身の心身や知識のためなのかが判断基準です。

 

仕事中の省ける時間。

・同僚と無駄話をしている時間

・仕事と仕事の合間の時間

・その日の最後の仕事から定時刻までの時間

 

 

通勤時間。

・車で通勤する人も含めての通勤時間

 

生活。

・娯楽のための時間、全て。

(テレビ、YouTube、ゲーム等)

 

 

休日の時間。

・休み方を覚えて、短時間で休息する。

・家族との時間はなるべく削らない。

 

 

 


1日の行動簿を紙に書く

 

家計簿ってありますよね。

支出を全て明らかにして無駄を省き、なるべく少ない金額で生活を成り立たせるためのものです。

 

またダイエットでも摂った食事を全て記録するだけで効果が出るという書籍もアプリも多いです。

 

同じ様に、自分の行動も使った「行動簿」を付けて把握しましょう。
無駄な行動を徹底的に省きます。

 

その代わり、休憩時間は必ず入れて下さい。

隙間無く働いたり、休憩せずに勉強するとブラック企業と変わりません。

メリハリをつけて、行動する時と休む時を分けましょう。

 

行動簿を付けると、無駄な時間が多くてとても驚きます。

 

案外自分では問題ないと思いがちですが、記録する事で全体の管理が出来るようになります。

だから行動簿を付けましょう。

 

もう1点多くの時間を削れる方法があります。

一度、毎日繰り返している行動を辞めてみましょう。

 

どういうことかと言うと、「隠れ無駄行動」があるんです。

 

必要だと思って行動していたのに、辞めてみたら大して問題ない場合です。

もし問題があれば、また戻せばいいだけです。

 

毎日やっている行動を辞めてみて支障が無いか確認してみましょう。

 

 

 

数分の空いた時間で毎日の行動を終わらせる

ここまで時間を作る話しをして来ました。

 

問題は使い方です。

お金も時間も使い方で将来が変わるといっても過言ではありません。

 

せっかく切り詰めて出来た時間を捨てるような時間の使い方は辞めましょう。

 

日々同じ行動があるものです。

例えば自宅では掃除や洗濯、料理等。

職場では掃除や日報等同じ行動を繰り返す作業と呼ばれるもの。

 

毎日起きる同じ行動の繰り返しは、出来るだけ隙間時間で終わらせます。

 

何も考えなくても勝手に体が動ける行動は、合間合間にやるのがベストです。

 

せっかく空いた時間に人と話したりテレビを見たりするのではなく、作業をこなす時間に変える。

これだけでも時間はまた増えます。

 

勉強を隙間時間でやるのは難しいです。

勉強は考えますし、時間がかかります。

だからまとまった時間に使いましょう。

  

 

 

まとまった時間で勉強をする

 

やらない行動を増やしたり、隙間時間で日々の雑務をこなす事である程度まとまった時間は出来ます。

 

そのまとまって出来た時間の中の一部を勉強の時間に当てます。

 

しかし勉強していると、日々の疲れが出て眠くなったり、同僚に遊びに行こうと誘われたりするでしょう。

 

眠い時に無理する必要はありませんから、仮眠はとりましょう。

遊びは、もちろん断ります。

 

人が遊んでいる時に勉強できる人が、5年後の自分を豊かにします。

 

誘惑に負けた生活を送っていると、良くて5年後も変わらず、下手したら時代に遅れていつの間にか使えない人に成り下がります。

 

仕事をしながらの勉強は、行動と時間と誘惑のコントロールが出来て初めて可能になります。

変化をしたいなら、これらの事を出来るような人間を目指しましょう。

 

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日は今日よりも苦難が減り、より多くのチャンスと幸福に恵まれた1日になるように。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。