断るのが苦手なら、先に無理だと発言する事で防げる。

こんにちはパファです。

 

 

 

今日は断る事が苦手な人向けです。

断りづらいなら、自分のしたくない行動を先に伝えましょう。

 

 

 

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えします。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

 

 

f:id:pafa:20200724064639j:plain

 

断らないと何でもしてくれる人だと思われる

あなたが断われない人なら、何度も嫌な思いをしたと思います。

自分に対する罪悪感も強く感じたりしているでしょう。

 

本当は会話もしたくない相手だったり、自分の仕事で手一杯なのに仕事を引き受けてしまったり、休日に予定をいれてしまったり。

 

断りたいのに、断る事ができず無理にやってしまう。

 

僕も同じ様な性格です。

断るのが相手に悪いと思ってしまう。

もしかしたら、自分を良く見てもらいたいのかもしれません。

 

そして人の性格には知っての通り多くのタイプの人たちがいます。

 

悪意を持っている人の誘いなら、断れるでしょう。

しかし悪意を持っていないけど、相手を巻き込むタイプの人には巻き込まれやすい性格です。

 

だから言いにくければ、自分は何をされたら嫌なのかを「先に」伝えましょう。

 

 

 

「いいえ」が苦手なら、「無理」を先に伝える

相手はあなたが何をされたら嫌なのかを知りません。

だから言わないと伝わりません。

 

断るのに罪悪感があるならば、「聞く」前に「言う」事をおすすめします。

こっちの方が罪悪感を受けずに言う事が出来るので、言った後も相手に「申し訳ない」という気持ちを持ちません。

 

 

そのためには2つの事が必要です。

・自分が何をされたら嫌なのかを明確に持つ

・先に言う発言力を持つ

です。

 

 

例えば僕です。

僕はあまり人と遊ぶのが好きではありません。

むしろブログを更新したり、家でゆっくり過ごす方を好みます。

 

僕を知っている人は、僕と遊ぼうと誘いません。

しかしあまり知らない仲の方からは、誘われます。

 

だから最初に会った時に、社交辞令で「今度、飲みに行きましょう」と言った人には予防線を張ります。

 

僕は今資格を取るための勉強中であること(本当です)、副業をしていること(このブログです)を伝えます。

断る理由を先に言っておきます。

勘のいい人ならこの言葉を伝えただけで、察します。

 

しかし全員が察してくれるとは限りません。

その上で実際飲みに誘われたら、どちらかの理由で断ります。

 

あなたも「この言葉を言われたら、予防線を張ろう」という自分を守るためのNGワードを決めておきましょう。

 

注意するのは嘘はダメです。

例えば「忙しい」「体調が悪い」「家族の看病がある」とか。

 

バレるとあなたの信頼がなくなります。

 

 

 


無理を伝えていると、断り方が見えてくる

断れない人も、最初に断る事が出来れば伝える事は出来ます。

 

例えば僕をまた参考にします。

僕は「予防線を張る」とお伝えしました。

資格取得の勉強か、副業のこのブログです。

 

しかし相手によっては資格の試験はいつか聞いてきます。

実際来年の2月なので、まだ半年以上あります。

すると、「息抜きした方が良い」とか「相談がある」とかあの手この手を使って誘ってきます。

 

それに対しては代替案を出します。

「断る」のは最初に伝えてあるので、代替案は言いやすいです。

例えば「ランチであれば良い」とか、「休日の日中であれば良い」とかです。

 

僕が少し譲ったので、大概の相手はそれで譲歩してくれます。

 

こういう断り方を続けていると、突然誘われても断れるようになります。

「来年の2月に資格試験があって、仕事が終わってからや休日に勉強をしています。

だから飲みに行けませんが、ランチなら大丈夫です」

とスラッと言葉が出てきます。

 

すると相手は一気に言われるので、やり取りをする事なく「では、ランチに行きましょう」となりやすいです。

 

 

まとめます。

相手が誘ったり、頼んできた言葉でNGワードを決める。

そのNGワードを言われたら、予防線を張る言葉を決めて伝える。

さらに誘ったり、頼んできた時のために代替案を決めておく。

 

これで嫌な事をしなくて済む手段は確実に上がります。

自分の時間です。

自分がやりたい事に時間を使いましょう。

 

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日は今日よりも苦難が減り、より多くのチャンスと幸福に恵まれた1日になるように。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。