大腸憩室炎で3度入院した僕がすすめる自宅で出来る大腸がん検査

こんにちはパファです。

 

 

今日は大腸憩室炎や大腸に疾患を持っている人向けです。

この2年で僕は3回大腸憩室炎で入院しました。

大腸のポリープは2度切除しました。

 

僕のように大腸に疾患を持つ人の病気の進行を早期発見、早期治療に結びたいので今日はその内容です。

 

そんな僕は大腸がんをとても懸念しています。

そしたら自宅で出来る大腸がん検査があったのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

f:id:pafa:20200708131757p:plain

 

腹痛や血便が出たら

冒頭もお伝えしましたが、僕は大腸憩室炎(上行結腸憩室炎)で3回入院しています。

現在は大腸がんでも治療法が進歩し、発見が遅れない限り生存率も上がっているそうです。

 

しかし腹部が張ったり、血便が出たり、黒い便が出たり、下痢が止まらなかったり、吐き気がしたり。

普段もストレスや疲れで症状が出る事はあると思いますが、明らかに違う時もあると思います。

 

さらに僕のように何度も大腸に病気をもったり、ポリープを切除した人ならなおさらです。

症状が無くても定期的にガン検査は行いましょう。

僕もポリープがまだあるので、病院でカメラの検査を定期的に行います。

それが落ち着いたら、自宅で出来る検査を行おうと思っています。

 

もし症状が出ているなら、手遅れと言われる前に「安心」を手に入れましょう。

 

 

 

僕がおすすめする大腸がん検査

 

 GME医学検査研究所:検査キットが自宅へ届き、指示されたとおり便を2日連続して採取し返送します。

返送はクール宅急便で、返送料金はGME医学検査研究所負担です。

 

業界内でも低料金で、2つの検査タイプがあります。

・スタンダード

・ローコスト

です。

 

字のごとくローコストが安いですが、金額的にそれほど変わりません。

(料金は最後にお伝えします)

そこは内容を読んで、どちらを選ぶかを決めてもらって良いと思います。

僕的には初回はスタンダードで、2回目からはローコストで良いかと。

 

そして17時までにネットで注文をすると当日の発送です。

ちなみに土日も発送するので、症状があって心配な方にはとてもありがたいです。

 

検査自体はこの企業で行うので、不安な事があれば検査技師に相談することも可能です。

外注ではないので、結果も早く判明します。

これも症状がある人にとってはありがたいです。

そして検査自体も1年中稼動しています。

つまり短時間で結果が分かり、心配事は相談できます。

 

 


性感染、各種ガン、心筋梗塞、コロナ抗体検査もおすすめです

そしてなんと。

性感染症、各種ガン、心筋梗塞、コロナウィルス抗体検査も行っています。

 

好きな時間に、誰にも言わず知られず会わず、登録してから検査結果まですべてパソコンかスマホで出来ます。

 

病院に行けば時間がかかりお金もかかり、それこそコロナにかかる確率もあります。

そこを自宅で済ませられる検査です。

 

 

 

検査は安くて安心感を得られる

大腸がん検査の料金は

・スタンダードが 5,650円(税込み)

・ローコストが4,980円(税込み)

700円しか違いません。

 

だから初回はスタンダードで次からがローコストで良いと、この研究所でも記載されています。

 

たったこの金額で命の安全が分かります。

病院嫌いの方に向けても、行かずに済みます。

 

命に代えられるものはありません。

ぜひこの機会に試してみてください。

 

 

今日ご紹介した企業

 

 

 

 

関連ブログです。

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

pafa.hatenablog.com

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日は今日よりも苦難が減り、より多くのチャンスと幸福に恵まれた1日になるように。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。