考えて悩むよりも行動するとアイディアが生まれ事態は変化する。

こんにちはパファです。

 

 

 

今日は考えて悩んでいるよりも、行動したらアイディアが生まれて事態は変化する話をします。

「やる」と決めたら、達成させるために思考を使いましょう。

困難が起きる度に、都度「やる」か「やらないか」を決めるのは時間が勿体ないです。

 

昇進を目指している人や、フリーランス、将来経営者になりたい方へ話を進めていきます。

変化を楽しみましょう。

 

 

 

パート、アルバイト、一般社員、若手管理職、若手社長へ私の経験を踏まえてお伝えします。

あなたの努力が1歩でも成功につながる事を応援しています。

そして日本の企業が世界一と言われる日を目指すブログです。

 

f:id:pafa:20200620072148j:plain

 

行動しない人の行動

今日はいかに止まっている時間や文句を言っている事が意味なく、行動が未来につながるかをお伝えします。

 

冒頭もお伝えしましたが、いくら考えて悩んでいても何も起きません。

机の前で頭の中では世界を変えるほどの事を思いついても、行動に移さなければ何もやっていないのと変わりません。

当たり前ですが、理由は行動していないからです。

 

現実を変えていかないと変化しません。

 

 

そして事態が好転しないのは、悩み考えてる人だけではありません。

文句や陰口を言っている人も同様です。

 

僕がこれまで関わってきた同僚や部下には、文句を言って憂さ晴らしをする人が割といました。

「あいつはいつも失敗してバカだ」

「何回教えても覚えないアホだ」

「あいついつもサボっている」

「こんな仕事量はありえない。パワハラだ」

とか言って自分の能力は上である事を行動ではなく、言葉で証明しようとする。

 

残念なことに他人へ罵詈雑言を浴びせても、何時間批判しても事態はまったく変わりません。

これも当たり前ですが。

しかし、頭で分かっていても同じ事を繰り返してしまう人は多いです。

 

文句は未来につながる行動ではありません。

 

むしろあなたが他人を批判して、その批判が相手の耳に入れば対立が始まります。

すると仕事どころではなくなります。

いかに相手がバカである事を証明するために時間を使うようになる。

相手も同様で、あなたの失敗やバカさ加減を証明するために時間を使う。

 

このサイクルにハマると、どこまでも罵り合いが始まります。

僕は今まで何十回と同僚や部下の言い合いを止め、見てきました。

 

関係のないこっちまで無駄な時間を使わせられます。

 

すると、巻き込まれた人も無駄な時間を使わせられて、陰口を叩くようになります。

負のサイクルの完成です。

 

こんな人間関係しか作れない人が会社に貢献など出来るはずもありません。

 

 

行動して知恵を付ける

慎重になって考えてばかりで、失敗を恐れて行動しない人にも未来は開きません。

どんなに想定を重ねても、失敗はします。

 

その失敗の上に知恵を付けて考え方や行動がアップデートされます。

だから行動しない人にはアップデートはありません。

 

 

知恵とは、状況を正確に把握し知識を正しく使用する能力です。

行動しない人には知恵が付きません。

 

また、知識を得るだけでは頭でっかちな考え方になります。

知識を使って実践して初めて知恵となり、自分の人生に大きな影響を与えます。

 

例えばあなたが病気になったとします。

医師の国家資格を取ったばかりの人と、医師になってから10年以上働いて実績を積んだ人と、どっちの医師に診てもらいたいですか。

 

知識はその道を進んでいく人にとっては無くてはならない。

しかし現実はそれだけではやっていけません。

なぜなら勉強した知識以上の事が当たり前に求められるからです。

 

だからやらないと進まない。

知識が多ければ、知恵を絞り出す手段が増える。

しかし知識ばかり付ける事に時間を割いても知恵は付かない。

 

つまり行動しながら知識を付けて、知恵を出していく。

 

これが僕がこれまで経験してきた中で1番能力が向上する方法です。

 

 

そしてよく失敗してしまう「流れ」があります。

1度「やる」と決めたのに、困難に当たって解決方法を考え始めます。

しかしすぐに方向性を決めないと、考える時間が長いほど「辞める」選択肢が思考を乗っ取っていきます。

 

考えるとは、今後自分の方向性を決める事です。

 

僕でいえば今働きながら、ブログを毎日更新すると決めた。

そして日々ブログを更新するために多くの壁にぶつかります。

ブログを更新する時間を作る事や、記事の内容を決めたり、デザインを考えたり。

 

それぞれどの方向(目標)に決めるかを考えます。

困難が起きたからブログの継続を「する」か「しないか」の判断はもう終わっています。

 

人は目標を定めておかないと、必ず楽な方を選びます。

 

 

冒頭にお伝えした人への悪口や批判もそうです。

何か始めてもすぐに辞めてしまう人も目標がありません。

だから楽な方(行動しない方)を選びます。

 

自分で目標を立ててそれを達成しようとする人は、そんな時間は勿体なくて使えません。

行動しないと結果が出ないことを理解していますから。

 

あなたも「やる」と決めた行動は、再び「やるかやらないか」を考えてはダメです。

またふりだしに戻ります。

 

行動しながら、どうやって続けていくか。

それも知恵になっていきます。

そして継続するのが1番苦労することを知ります。

苦しさを乗り越えるために絞り出すアイディアが生き残るたった1つの方法です。

 

 

あなただけが苦しいわけではありません。

全員が同じです。

後は続けるか辞めるかだけです。

 

 

お互いがんばりましょう。

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日が今日よりも素敵で、より多くのチャンスに恵まれた1日になるように。

また明日。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。