人との違いはやるかやらないか。

こんにちは、パファです。

 

 

結果は後から付いてきます。

行動も起こさずに不平不満を言っていても結果は出ません。

まず行動です。

 

今日は短いですが、行動を取る事が大事な話しをします。

 

 

 

 

 

行動が事態を変える。

☆宝くじは買わないと当たらない

☆仕事をするから成功したり失敗する

☆外に出たから陽や雨に当たる

☆車を走らせるからガソリンが減る

 

もし家に閉じこもっていたら、上記のことは起こりません。

行動をするということは必ず何らかの損失か利益が生じます。

行動しなければ何も手にはいりません。

 

 

・同僚が昇進した。

・友達が起業して年商1億円を売り上げている。

・同級生が芸能界に入った。

羨ましいリストです。

 

ではあなたは何かを得るために行動していますか。

 

何かを得るためには順番があります。

第一に挑戦する勇気を育む

第二に失敗と挫折を経験する

第三に諦めない心を作る

第四に成功を掴める人格を作る

第五に成功する

 

たったこれだけのことです。

そしていつ成功が訪れるかは分からない。

成功するまで工夫出来るタフさも必要です。

 

 

それでも

「それでもやるか辞めるか」

2択なんです。

 

成功する人はやるし、失敗する人もやる。

何もしない人は時代に合わなくなって端っこにいくだけです。

 

 

諦める理由はいくらでも湧いて出てきます。

だから湧いてくる前に行動してしまいましょう。

つまりやろうと決めたらその場で行動です。

 

そうは言っても、もし仕事をしている最中に副業を始めようと思ったらその場では出来ません。

その時はやろうと思わない事です。

一旦副業の思考は保留にするのがポイントです。

理由は仕事中に副業を考えているだけでやった気になってしまうから。

帰宅してからパソコンに向かうと、すでに仕事中に散々副業の事を考えたから、終わった気になって行動しなくなります。

 

一旦保留。

これは私が実際何年もかけて学んだ1つの行動する手段です。

仕事中に思いついたらメモして終わり。

 

仕事が終わってから行動です。

そうしないと、副業していてもあれこれ気になって集中力が散漫してしまう。

終わらせられない性格が出来上がります。

 

だから1つのことを始めたら終わりまで一気に行動する。

終わったら次のやりたいことを終わらせる。

その繰り返しです。

 

たまに2つ3つ同時進行しようとする人がいます。

気持ちが切り替えられる人なら問題ないでしょう。

例えばAという仕事で問題が発生して大きな損失が出たとします。

損失は1千万円。

原因は人為的なもので回避出来た可能性があること。

だから腹が立って落ち着かない。

そんな人がBという仕事ですぐ行動に移れるわけがない。

 

いくつも仕事を同時進行する人は、気持ちを持ち越さず切り替えないと連鎖で失敗します。

 

 


迷う時間。

もし新しい行動に自信が持てず、迷っている場合。

調べる時間を確保するのも1つの手段です。

例えば今週は調べるために時間を使って、1週間後に答えを出す。

とかです。

 

やるかやらないか。

またはいつ決めるか。

それを自分に明確にしましょう。

仕事の量を増やしすぎても中途半端になりますし、少なすぎては成長しません。

 

自分の力量を図りながら行動を増やして終わらせていきましょう。

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日が今日よりも素敵で、より多くのチャンスに恵まれた1日になるように。

また明日。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。