感情を出さない強さと演技する感情露出。感情を制御する。

こんにちは、パファです。

 

 

 

身の回りにも、ニュースを見てもあまりに感情を表に出す人が多い。

感情を出す人の多くは怒って、自分を制御出来ないでいる。

人へ外傷を与えたり、嫌がらせをしたり。

 

問題は感情の吐き出し方。

それが分からないから怒りに負けて自分が支配されている。

今日は自分の感情を制御する事が望ましい話しをします。

 

 

 

感情の制御

 

子供の頃は抑制が効かないから気持ちの赴くまま

 

歳を重ねるにつれ気持ちの抑制を知る

 

多くの経験で抑制する方法を学ぶ

 

経験が少ない人は抑制を学べない

 

経験とは喧嘩して人を叩いたり叩かれたり

 

友達と言い争いをしたり

 

お互いの価値観を知るということ

 

牙のない動物は同種を殺す

 

牙のある動物は同種を殺さない

 

人に例えると牙とは他人の価値観

 

言葉で感情を表す経験と知識が少ないから知らない

 

人の考えはその人のもの

 

自分の考えは自分のもの

 

そこには批判も嘲笑いもない

 

人のものだから

 

他人がどう思っていようが自分には関係ない

 

大事なのは自分の行動

 

自分のために感情の演技は必要

 

自分を守るため、部下を育てるという仕事のため

 

腹が立ったから怒るのは愚策

 

怒りを制御出来ない人からは人が離れる

 

冷静な判断が出来ないなら失敗する可能性が高い

 

感情を制御するためには呼吸が大切

 

カッとなってすぐ行動ではない

 

カッとなって一呼吸おく

 

深呼吸

 

その上で最善の行動を選ぶ

 

感情に振り回されるのは若いうちだけ

 

年取っても怒りやすい人は実績が伴わないとただのじじい

 

怒るなら実績を残せ

 

実績ないなら感情を制御せよ

 

自分に負けて制御出来ない人ほど見苦しいものはない

 

 

 

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

あなたの明日が今日よりも素敵で、より多くのチャンスに恵まれた1日になるように。

また明日。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。